清新ハウス 小林です!

皆さんの現在のお住まいには、どのような窓がいくつくらい付いていますか?
私の部屋には窓が1つだけなのですが、自然光がたっぷり入る空間が好きな身としてはあと1、2ヶ所欲しいなぁと思ってしまいます。

窓の面積が大きいほど沢山の光を部屋に取り込み明るい空間になります。それは一見メリットのように思いますが、別の視点から見るとそのメリットがデメリットになってしまう可能性もあるのです。

窓は家の中で最も熱が出入りする部分

家に入る熱の割合夏
こちらは新建新聞社が発行している季刊誌『だん』に紹介されていた、家に入る熱の割合を示した図です。
家は「屋根」「外壁」「床」「窓」「換気設備」の5つの部位で熱損失があり、これらの部位で夏は暑さ、冬は寒さの影響を受けます。

パーセンテージを見て頂いて分かる通り、窓から入る熱の割合は74%!他の部位に比べて断トツで熱の侵入が多いのです。

屋根・外壁・床は断熱材によって外部からの熱をシャットアウトしているのに対し、窓は壁に開いている大きな穴のようなもの。よく考えてみれば窓からたくさん熱が入ってきてしまうのも当然です。
明るい部屋にしたいからと大きな窓をたくさんつけてしまうと、その分窓からの熱の侵入が増え、夏は暑く、冬は寒い部屋になってしまいます。

サッシの種類・・・オール樹脂orアルミ樹脂複合orアルミ

窓 換気 秋葉区若蔵
壁に開いた大きな穴である「窓」の断熱性能をいかに上げるかが、室内の快適性を向上させるポイントです。
そして、窓を構成する「サッシ(ガラスの周りの部分)」がどのような素材で作られているかで、窓の断熱性能は変わってきます。

<サッシの種類>
◎オール樹脂サッシ
 室外・室内側どちらも樹脂

△アルミ樹脂複合サッシ
 室外側がアルミ、室内側が樹脂

×アルミサッシ
 室外・室外側どちらもアルミ

アルミはとても熱を伝えやすい素材。それに対して樹脂は熱伝導率がアルミの1000分の1と、断熱性能の高い素材です。
そのため、室外・室内側共に樹脂製の「オール樹脂サッシ」は一番性能が高く、アルミが含まれる「アルミ樹脂複合サッシ」の断熱性能はオール樹脂に比べると劣ってしまいます。全てアルミの「アルミサッシ」は現在では採用されることは少なくなっており、断熱性能はあまり期待できません。

新潟市西蒲区自然素材の家WAKURAS平屋暮らし書斎スペース
また、暖かい空気が冷やされることで発生する「冬の結露問題」も窓の断熱性能と深く関わりがあります。
窓が外の寒い空気の影響を受けて冷やされれば冷やされるほど結露発生の可能性が高くなってしまうので、結露に悩まされたくないという方は断熱性能の高い樹脂窓を選びましょう。

4-11-e1559262313825
今回はサッシについてご紹介しましたがガラス選びも重要なポイントになりますので、また後日ご紹介ブログに書かせて頂きます。

窓について勉強すればするほど感じる窓の重要性。私が家を建てるなら・・・オール樹脂窓にします!
窓選び一つでも家全体の断熱性能に大きく影響しますので、「窓なんて何でもいい」と思わず、窓の断熱性能に注目して比較・検討してみて下さいね。



202007 SAKURAイベDM 表2
7月の土曜日はSAKURAでお待ちしております!

★イベント詳細は






【清新ハウス】

新潟県新潟市秋葉区福島167-2 
お客様専用ダイヤル0120-395-047
イベント情報 https://www.seishinhouse.com/event
Facebook https://www.facebook.com/seishinhouse/
Instagram https://www.instagram.com/seishin_house/
Pinterest   https://www.pinterest.jp/seishin_house/pins/

【街の屋根やさん新潟店】
屋根工事専門店
http://machiyane-niigata.com/
お客様専用ダイヤル0800-888-4151

Facebook・Instagramでホットな最新情報配信中。
Houzzに登録中の新潟市秋葉区, 新潟県, JPのseishinhouse