建物省エネルギー性能表示制度BELS評価の普及と清新ハウス

BELS
建築物省エネルギー性能表示制度【BELS】の住宅版は2020年の住宅における省エネ基準適合義務化を見据えて、2016年4月からスタートしました。
これは全国統一の指標で、省エネ性能が分かりやすく表示されることで、ユーザーが住宅取得時の判断基準の一つにできると共に、省エネ住宅が適切に評価されることを目的としています。
BELSは省エネ基準に基づき「外皮性能」と「一次エネルギー消費量」の2つの指標を用いて、国が指定する第三者機関が省エネ性能を評価します。(第三者機関が評価することがポイントですね)
「外皮性能」については外皮平均熱貫流率(Ua値)が求められ、その数値が適合しているかどうかを判断します。
「一次エネルギー消費量」は省エネ基準相当を2つ星として、そこから削減率に応じて5ランクに分類され、最高ランクを5つ星とした星の数で表示します。今までで一番分かりやすい表示です。

このBELSを新潟で積極的に取り組んでいる建築会社はまだまだ少なく、それが故に建築主の方にはあまり周知されてないのが現状です。しかしながら、全国的に見ると開始後一年余りで1万5000件以上の申請があったようです。

弊社では昨年末より標準仕様を改訂し、この「BELS取得」を標準仕様に組み込んでおります。これは弊社の省エネレベルをご確認頂くと共に、将来的にこの取得を行っておくことでお施主様に利益があると考えたからです。
それなりの性能を持ち合わせているのだから、国の認定する証明書を取得しておくことは有効と考えます。


【BELS評価の★の数レベルとは・・・?】

★ 1つ星 
省エネ基準からの削減率 ▲10% 既存省エネ基準 
一次エネルギー消費量等級 1 →これは既存住宅レベルです。

★★ 2つ星
省エネ基準からの削減率 0% 省エネ基準
一次エネルギー消費量等級 4 →2020年適合義務化水準です。
※この住宅レベルに最低引き上げる為に国や地方公共団体が補助金制度を設け建築主に現在支援しております。

★★★ 3つ星 
省エネ基準からの削減率  10% 誘導基準
一次エネルギー消費量等級 5 →フラット35S、認定低炭素住宅レベルです。

★★★★ 4つ星
省エネ基準からの削減率  15% 
一次エネルギー消費量等級 5

★★★★★ 5つ星
省エネ基準からの削減率  20% 
一次エネルギー消費量等級 5 →ZEH ゼロエネ相当レベルです。

清新ハウスの標準仕様は4つ星以上を必須としております。つまり2020年の省エネ義務化を見据えた省エネ性能を標準仕様にしております。実際に計算をすると5つ星のお宅も多数あります。これは間取りの設計や窓計画に大きく影響を受けるからです。省エネ削減率は18~19%のお宅もございます(4つ星)
正確に言えば4つ星と5つ星の間が清新ハウスの標準となります。もちろん5つ星取得の為に、窓にトリプルガラス採用や断熱性能を向上することは可能です。あくまでも弊社の最低レベルでの考え方となります。
私個人的には将来4つ星以上が国の最低レベルになると予想しております。

新潟県内ではほとんどの会社が2つ~3つ星レベルだそうです。これからの住まいづくりは30年後を見据えた計画を考えることが重要です。大切な部分に予算を立てず初期費用を抑えたが為に将来に渡りエネルギーを多く必要とする家ではいけません。大切なところは何処なのか?をよく考え、住まいづくりにしっかりと取り組むことが大切です。
表記BELS認定証は先日光冷暖を導入されたお宅の認定証です。断熱材は標準仕様です。また長期優良住宅の取得もされたお住まいです。
【住まいづくりは30年分のエネルギーを買うということ】を認識し設計に取り組みましょう。






▲ このページの先頭へ