大きな吹抜けのキャットウォーク工事 その2

    前回ご紹介しましたオーナー様宅のキャットウォーク工事
    本日 スチールの手摺を取付けて完了しました。
    実測後 作図して製作したので寸法もバッチリ
    予定通り納まりました。部材寸法も最小限に抑えてシンプルに
     村山

DSCN1795
DSCN17991

瓦屋根の修繕

予報通り気温が下がり みぞれまじりの雨が降ってきましたね
㈱清新ハウスの村山です。
築約27年のオーナー様宅
瓦屋根の谷の銅板部分
先日の晴れ間をねらって 修繕工事をさせていただきました。
人間の体 同様 家も定期的なメンテナンスが必要です。




DSCN1690
                         谷部分の銅板
DSCN1691
                           銅板に穴があいていました
DSCN1694
                         新しくステンレス板に交換しました
P1160016
                    話しは変わりますが 瓦屋根の場合 強風を伴う雨の時は
                  瓦下に雨が吹き込み 瓦桟をとめる釘が屋根垂木を外れていると
                  その部分より漏水する事例があります。
                  その事例をふまえて 弊社で瓦屋根を施工する場合
                  2重に木材をつけて 雨が吹き込んでもルーフィング上を流れて
                  外へ出ていく仕組み、また瓦を止める釘がルーフィングを貫通しない
                  施工を行っています。
                  雨が万が一 入っても でていく仕組みが重要です。    

大きな吹抜けのキャットウォーク工事

㈱清新ハウスの村山です
5年前竣工のオーナー様宅
薪ストーブのある 大きな吹抜けにキャットウォーク取付の
工事をさせて頂いています。
先日1回目の工事に入らせて頂きました。
大工さんにて梁を取付して床材を張る作業です。
窓掃除に使用する通路であったり
お子さんが大きくなったら手スリ下に腰かけて読書をする居場所になる
かもしれません。
次回2回目の工事でスチール製の手スリを付けて完成となります。
DSCN1621
                   薪ストーブがとても暖かくて 大工さんにはこの季節なのに
                   汗をかいてがんばってもらいました。
DSCN1653

▲ このページの先頭へ