こんにちは、清新ハウス高井です。ついに新潟も梅雨明けし、気温も30度越えとなりすっかり夏本番です。お盆休みもあと数日後に迫りますが、コロナ第2波が心配される中で毎年恒例のキャンプやBBQ、友人との飲み会などは控えて自宅で夏らしいことが出来たらと考えています。


さて今回は平屋建ての魅力についてお話したいと思います。新築となれば2階建てという考えが多いとは思いますが、核家族が増えてきたことや1世帯の人数が減ってきたことなどを理由に平屋を考える若い世代が多くなっているようです。
平屋建ての魅力

平屋は敷地敷地が広くないと生活空間が狭くなり、部屋数が確保できないといったデメリットもある一方、もちろんメリットもあります。

・平屋は同じフロア内にすべての生活スペースが収まることになるので、家族で顔をあわせる機会が多くなり、コミュニケーションが取りやすくなります。
・地震大国の日本では住居の耐震対策は必須です。耐震性を考える時に重要なのは建物の重さです。建物が重いほど地震が発生した時の揺れも大きくなります。平屋は1階建てなので建物の重さは2階建てより軽くなるので地震に強いと言えるのではないでしょうか。
2階建て住宅の場合、一般的に階段やそのホールに必要なスペースは4畳から5畳分と言われています。平屋は1階建てなので階段を作る必要がありません。4畳から5畳ほどのスペースがあれば、部屋としても利用できますし、フリースペースとしてなど様々な使い道があると思います。
・階段の上り下りなど、若いときは平気でも高齢になると体の変化が出てきてつらくなったり、少しの段差で転倒やケガをしてしまうことも考えられます。もともと階段のない平屋をバリアフリー設計で建てることで、老後も安心の長く住める住まいになります。
平屋の魅力

平屋の魅力

★施工例★
階段の間口は大体半間(909)、スペースとしては1帖以上から成り立ちます。階段がないことでできた1帖のスペースにカウンターを設置し、ちょっとした書斎スペースに。狭いところが好きだったり、囲まれると落ち着く、集中できる方にはぴったりな空間が出来上がります。


平屋建てで部屋数を多くしたいと考えると施工面積が大きくなってしまったり、どうしても中央の部屋には光が入りにくくなってしまったりするので、家族の人数や希望の部屋数などよくお考えになって2階建てか平屋か決めて頂けたらと思います。

第9回フォトコン

清新ハウスオーナー‘sイベント第9回フォトコン


9回フォトコンテーマ「我が家のおうち時間」


コロナウイルスの影響で「おうち時間」が増えている中、皆様はどのように過ごされていますか?


広いデッキでのんびり日向ぼっこをしたり、家の掃除をしたり、お庭で運動をしたり…


そんな皆様の「おうち時間」、フォトコンに応募してみませんか?


・我が家の自慢の〇〇でこんなことしてます!

・おうち時間でこんなことしました!              etc


何気ない日常やおうち時間があったからこそできたことなどなど、ふるってご応募ください。


募集期間は5/1()9/30()となっております。


詳しくは下記リンクよりご確認ください。


ご応募お待ちしております!


フォトコンご応募は → こちら


おうち時間にDIYしてみませんか?


DIY資材販売は → こちら





【清新ハウス】

新潟県新潟市秋葉区福島167-2 
お客様専用ダイヤル0120-395-047
イベント情報 https://www.seishinhouse.com/event
Facebook https://www.facebook.com/seishinhouse/
Instagram https://www.instagram.com/seishin_house/
Pinterest   https://www.pinterest.jp/seishin_house/pins/

【街の屋根やさん新潟店】
屋根工事専門店
http://machiyane-niigata.com/
お客様専用ダイヤル0800-888-4151

Facebook・Instagramでホットな最新情報配信中。
Houzzに登録中の新潟市秋葉区, 新潟県, JPのseishinhouse