こんにちは、清新ハウス高井です。東京でのコロナ感染者が200人を超える日が続いています。新潟でも1、2人づつ増えてきていて第二波が心配されます。お盆休みには帰省や遠方への外出を考えている方も多いかと思いますが、どう行動すべきかしっかり考えていかなければならないと感じています。


さて今回は照明についてお話したいと思います。照明といっても様々なタイプのものがあり、お部屋の用途によって種類やライトの色を変えることで印象がガラッと変わります。このブログでは2つの照明についてご紹介していきます。

照明種類
こちらは「ダウンライト」という種類の照明です。「ダウンライト」とは、天井に埋め込む形で取り付ける照明器具のことで、天井に埋め込むので凹凸ができず、フラットな状態になるのが特徴です。広範囲を照らすというよりはスポットライトのように狭い範囲を照らすものといえます。

一般的な照明器具の場合、照明上部にほこりがたまりやすく、高い位置にあるため掃除がしにくく、メンテナンスが大変というデメリットがありましたが、ダウンライトは天井に埋め込むため、ほこりがたまりづらく、ほとんど掃除がいらないので家事負の負担が減ります。また、ダウンライトは蛍光灯のように広範囲を照らす照明ではなく、一部をスポット状に照らすので、ダウンライトをポイントとして活用することでおしゃれな雰囲気を演出してくれます。
照明種類
こちらは「シーリングライト」という照明です。シーリングライトとは、天井に直接貼り付けるような形で設置するタイプの照明器具で、高い位置から部屋全体を照らすことができるため、メインの照明として使われることが多く、広範囲を照らすことが出来る照明なので、お部屋を優しい空間に仕上げてくれます。


照明の色にも様々な種類があります。こちらのお住まい、ダウンライトは「電球色」、シーリングライトは「昼光色」を採用しています。

電球色とは、暖色系でオレンジっぽく温かみのある光の色です。比較的明るさを抑えた落ち着きのある色で、目も疲れにくくリラックスしたい場所にぴったりです。リラックスしたいお部屋や間接照明などにおすすめです。また、料理をおいしく見せる色とも言われているので、食事スペースに是非…。

昼光色は、白っぽく青みがった最も明るい色で、青みがかった光の色は脳を覚醒させる効果があるらしく、集中力を高めるのに最適と言われています。細かい部分までよく見えるので、勉強部屋や子供部屋、作業スペースなどに適しています。


第9回フォトコン

清新ハウスオーナー‘sイベント第9回フォトコン


9回フォトコンテーマ「我が家のおうち時間」


コロナウイルスの影響で「おうち時間」が増えている中、皆様はどのように過ごされていますか?


広いデッキでのんびり日向ぼっこをしたり、家の掃除をしたり、お庭で運動をしたり…


そんな皆様の「おうち時間」、フォトコンに応募してみませんか?


・我が家の自慢の〇〇でこんなことしてます!

・おうち時間でこんなことしました!              etc


何気ない日常やおうち時間があったからこそできたことなどなど、ふるってご応募ください。


募集期間は5/1()9/30()となっております。


詳しくは下記リンクよりご確認ください。


ご応募お待ちしております!


フォトコンご応募は → こちら


おうち時間にDIYしてみませんか?


DIY資材販売は → こちら





【清新ハウス】

新潟県新潟市秋葉区福島167-2 
お客様専用ダイヤル0120-395-047
イベント情報 https://www.seishinhouse.com/event
Facebook https://www.facebook.com/seishinhouse/
Instagram https://www.instagram.com/seishin_house/
Pinterest   https://www.pinterest.jp/seishin_house/pins/

【街の屋根やさん新潟店】
屋根工事専門店
http://machiyane-niigata.com/
お客様専用ダイヤル0800-888-4151

Facebook・Instagramでホットな最新情報配信中。
Houzzに登録中の新潟市秋葉区, 新潟県, JPのseishinhouse

関連するスタッフブログを見る