玄関戸交換工事前工事後
築40数年、毎日開け閉めする玄関戸も老朽化してきます。戸車が減ったり、鍵の掛け具合に不具合が生じたりと何かと問題を抱えます。そんな玄関戸もわずか1日で交換が可能です。便利な世の中になりました。壁を壊して枠まで解体して新しく戸をはめ込むことはせず、既存の枠へ新しい枠をカバーしてリニューアルする工法があります。
全国古民家再生協会新潟第一支部4月の例会
昨日は全国古民家再生協会新潟第一支部4月の例会でした。新元号も発表され4月より古民家再生協会も新年度スタートです。今回は伝統構法の耐震診断について談義しました。古民家再生協会特有の時刻歴応答解析を利用した伝統耐震診断。この診断結果を踏まえ、評点1.0まで持っていく工事を耐震補強といいます。
フェンス工事施工事例
新潟市では先般の大阪で発生したブロック塀倒壊による死亡事故を受けて、現在道路面に接する危険なブロック塀の解体に対して補助金を出しております。今回その補助金を利用して、築造40年程のブロック塀を解体して、新たにフェンスを設置する工事を行いました。基礎から亀裂が入っており、ブロックも風化しておりました。震度5が来たら間違いなく倒れるであろう状況で、事故が起こる前にとご依頼がありました。危険なブロック塀…
新年度入社おめでとう
今日から新年度スタートです。2019年ももう4月、早いですね。清新ハウスでは今年度より新しいメンバーを3人迎えました。先ず今朝は新入社員入社式。名前は石井さんと、齋藤さんです。二人にはクリエイトチームに所属してもらい、現場管理や設計を担当してもらいます。二人とも20歳の新卒生。これからその若さとパワーを如何なく発揮してくれることに期待しております。
事務所のSAKURA新年度スタート
今日で2018年度末、弊社も決算を迎えます。おかげさまで今年度も何とか無事締めくくることが出来そうです。多くの人の役に立てたかどうか?年度末には毎年反省を踏まえ振り返ります。住まいづくりを通して多くの喜びと感動と幸せを与えられたか?これが私たちの志事。家づくりはその手段です。来期は更に多くの人の役に立てるよう、勇猛精進します。
鉄骨造社屋解体工事
おり、屋根や鉄骨躯体をバッツんバッツんチョキチョキと切断していきます。
老朽化したブロック塀解体工事
春分の日ですね。世間はお休みの様ですが私は営業しております。今朝から老朽化したブロック塀の解体工事を行っております。高さ1.5m巾15m程のブロック塀です。鉄筋は気持ち程しか入っておらずほとんど効果がない状態。傾いていていつ倒壊するかわかりません。新潟市にお住まいの方はまだ補助金があるようですので、このような工事を行う場合は一度ご相談下さい。老朽化したブロック塀解体については新潟市より補助金が出ま…
吊り戸破損メンテナンス
築8年目のオーナー様より、吊り戸が脱線して外れたとのことで、修理のご相談を頂きました。使い方によっては劣化スピードに差が出ますが、たまたま強く締めた時に勢い余ってストッパーを破壊して建具が外れたそうです。
築27年目のリノベーション施工事例
今日はタイヤ交換日和ですね。明日から雨がしばらく続き雪マークも予報で出ておりますが、今年はまだ降るのでしょうか・・・朝9時から17時まで5組の方とお打ち合わせという、久々に満ちた日曜日でした。もちろん昼飯は食べれずインターバルも無。あっという間に一日が過ぎました。
新潟市南区で初の古民家鑑定と伝統耐震診断
本日は新潟市南区において築67年の古民家で古民家鑑定と伝統耐震診断を実施してきました。南区で古民家鑑定は初ですね。築年数から考慮して、メンテナンスや水周りの改修など行ってきているお宅だったので、それなりに状態は良い印象でした。大切に住まわれているご家族の思いが伝わります。