2018年春新卒採用!就職応援団に参加してきました

2018年新卒採用就職応援団
10/7、ときメッセにて開催された秋の就職応援団イベントに参加してきました。
フレッシュマン現場監督塚本から就活生に弊社の想いをお伝え致しました。
清新ハウスの暮らしづくり、しっかり伝わったかな?
アツい想いを抱いた学生さんたち!採用応募お待ちしております。

2017年誕生日プレゼントは・・・

誕生日プレゼント2017
今月の社員誕生日会を開催しました。今月は10月生まれは2人おり、私と小林です。
私の好みは全員把握しています。今年もカレー三昧。嬉しいですね。ありがとうございました。特に今回の目玉は『鬼殺し』。堪能したいと思います。

小林も盛りだくさんのプレゼントに囲まれ酔っぱらっておりました。

最近耐力の低下を実感します。準備体操が大切だと感じる今日この頃・・・
気持ちは若くても身体は衰えております。
昨日はSASUKEを見て興奮してました。また鍛え上げることにします。
6パック・・・
うーん・・・何年かかるか・・・


マンション丸ごと光冷暖が増えてきました

光冷暖セミナー
光冷暖セミナーに参加してきました。今回新しく床暖房を意識した新しいシステムの発表がありました。
暖房専用のラジエターで、1階に設置するタイプです。

そして新築マンション1棟全てに光冷暖が搭載された物件が続々と計画されております。心地よい環境を実現するこのシステムに関心が非常に高まっている様子ですね。

ちょうど冷房季節も終わり、これから暖房仕様への切り替え時期です。少し肌寒いなと感じたら温水温度を低くし、可動させておくのも良いでしょう。

弊社でも光冷暖搭載の新築住宅がこれから着工を迎えます。雪国新潟でも暖かくそして涼しく過ごせる光冷暖はこれから更に注目を集めることでしょう。
世界的にも動きが出てきましたね。

薪割りで筋肉割り

薪割り
しばらく怠けていた薪準備。
ようやく調達出来たので、一気に薪割りを・・・

と思いきや、おっさんの体力は限界です。
一株20キロ以上はある玉木を約100個・・・無理です。
ひろまず30個ほどを。
以前張り切って腰で持ったらぎっくり腰になり、1週間まともに生活出来なかった経験があるので、今回は慎重に。
初めて円回内筋が攣りました。ひじを曲げれませんでした。衰えを否めません。やいや・・・
ちなみに今回は来年の分です。

夜の外観を前に彼の背中は何を語るのか?

若蔵長期優良住宅夜
彼は何を思うのか・・・
今回現場管理を担当したMr.TSUKAMOTO。

その出来栄えを夕暮れに遠目で眺めるその背中は何かを語っている。

満足いったのか?反省が多いのか?黄昏ているのか?ご満悦なのか?何かを企んでいるのか?

その思いはスタッフブログで近日明かされると思います。


若蔵長期優良住宅夜
L型のアプローチは程よい距離で玄関までの間にいくつかの物語を造ることが出来ます。

これからもっと色づき、変化が楽しみです。

シンボルツリーのコナラが暗闇でライトに照らされその影もまたいい雰囲気です。

ヤマモミジはこれから真っ赤に紅葉していきます。

土間や外壁掃除は高圧洗浄機で

土間掃除高圧洗浄機
またこの季節がやってまいりました。暑さ寒さも彼岸までということで、涼しくなったタイミングで住まいの外回りの清掃をを行います。
久々に家の裏方に目をやると・・・
やっぱり藻だらけ・・・
こんな時はおなじみの高圧洗浄機の出番です。これでもかというくらいにぶっかけて行きます。併せて外壁も洗うと良いでしょう。
特に長い庇のあるお宅では雨が当たらない部分に汚れが蓄積されます。そこに水を掛けて洗い流して下さい。
土間掃除高圧洗浄機
コンクリートといえどもあまり強烈にやると表面が傷づくのでほどほどに。

土間掃除高圧洗浄機
こうみるとかなり汚れが蓄積されていたのが分かります。砂利を埋め込んでいる土間は特に注意が必要で、強くやると石が飛んでいきます。
ウッドデッキ高圧洗浄機
ウッドデッキも凄い藻で緑色に・・・
砂利埋め込み土間同様木部への高圧洗浄は注意が必要です。強くやりすぎると毛羽立って塗装も剥げます。
ウッドデッキ高圧洗浄機
優しく丁寧に時間をかけて洗浄していきます。
塗装をする方はここまできれいにしてから塗りましょう。

年に2回程度外廻りの家洗いをお勧め致します。

古民家再生~仏間の天井仕上げ

古民家再生リノベーション
小屋組部では天井仕上げ真っ最中。断熱材施工後、杉の羽目板にて仕上げます。その後塗装を施し色合わせを。
古民家再生リノベーション
屋根高さまで5mはあるので内部足場をこのように組み作業足場をつくっています。
古民家再生リノベーション
100年超えの豪快な梁はまだまだ輝きがあります。木の強度はまだまだ上昇中。200年ほどかけて強くなっていきます。今まさに成長段階。何代にも渡って家族を守って行く強さを持っています。
古民家再生リノベーション
間仕切り壁空洞部にはボードを張り、漆喰の下地を造ります。
古民家再生リノベーション
きれいに仕上がってきました。これから塗装工事に突入します。
古民家再生リノベーション

築100年超えの古民家再生 小屋組に歴史を感じる

古民家再生リノベーション
18帖の仏間の天井を解体し、小屋組を表す工事を行っております。床から2600mm程の位置に造作されていた天井を解体すると豪快な小屋組が現れました。
階層的な横架材で構成され、土壁が塗られております。この土壁部分を漆喰で仕上げ化粧をしてゆきます。
古民家再生リノベーション
明治30年頃に大火に遭ったそうで、小屋組は相当煤で覆われておりました。きれいに磨き輝きを取り戻します。
古民家再生リノベーション
十数年前に瓦を葺き替えた時でしょうか、野地ザラ板は部分的に修繕されております。
今回は屋根断熱を入れ、隙間を塞ぎ温熱環境を高めます。使用する断熱材はウールブレス。屋根なりに施工し地を組み羽目板張り勾配天井仕上げとします。

およそ5mの高い棟から下がる天井空間を造っていきます。

古民家好きにはたまらない一面です

【新潟市北区太夫浜新町】長期優良住宅完成見学会開催中

長期優良住宅完成見学会清新ハウス
昨日より公開しました、新潟市北区太夫浜新町の長期優良住宅若蔵S S様邸。
今週末は台風の心配がありますが、本日は強風止まりでまだ大丈夫でしょうか・・・
明日は暴風雨が予想されますが、ご予約されている方はお気をつけてお越し下さい。
海が近いので風が強いかもしれません。

さて、今回の見学会の見どころですが、素材はもちろんのこと、明るい広がり間取りの設計に注目です。
子育て世代にピッタリの間取りはコンパクトながらのびのびと暮らせます。
お施主様ご要望のハンモック、大きな吹き抜け、将来を見据えた間取りなどなど見どころ多数ございます。

これからご計画の方は住まいづくりのご参考にして下さい。

会場でお待ちしております。
長期優良住宅完成見学会清新ハウス
長期優良住宅完成見学会清新ハウス

築100超えの古民家の小屋

古民家再生リノベーション
只今築100超えの古民家リノベーション真っ最中です。昨日より18帖仏間天井の解体に取り掛かりました。数十年前のリフォームで塞がれた天井を解体し、古民家ならではの小屋裏を見せる目的です。

解体して間もなく、もう一枚天井が現れてきました。ちょうど床から3.6mの所です。高い天井ですね。
これは初めて天井を造った部分だと推測されます。茅葺から瓦葺きに変更した際に小屋裏を造る必要(寒いから)があったため、天井を造作したのではないかと思います。
その古い天井が現れてきた訳です。
後に更に天井を下げる目的で現在の天井を造作したようです。
意匠的な部分もありますが、やはり「寒さ対策」が理由として大きいのではないかと思います。

室内に足場を架け、蟻壁や古い天井も解体して行きます。
覗いてみると・・・
古民家再生リノベーション
予想通りいい色になっておりました。ど真っ黒です。数十年の埃が蓄積しており、粉塵にはかなり苦労しておりますが、これも歴史を感じる一部。古民家の構造美がどんどん現れていきます。
垂木は丸太木、梁や小屋束はいくつかの欠きがあったりといろいろと発見があります。
また、野地板(ザラ板)がシマシマ模様のように見えておりますが、これは瓦葺き替え時に部分的に交換したと思われます。黒い部分は当時の板で茶色い部分が新しく交換した部分です。

解体が終わると、断熱材を施工し、天井下地を組み羽目板を張っていきます。
次回は下地工事をお伝えします。
▲ このページの先頭へ