メンテナンスと住教育について考える

メンテナンス
最近の建材などにメンテナンスフリーという言葉をよく見かけます。住まいについてメンテナンスが不要なものは残念ですがありません。
屋根は夏場70℃まで温度が上がるといわれ、屋根や外壁は雨風紫外線に何十年も曝されて過酷な状況の下で中に住む家族を守ってくれています。

10年保証という保証期間は10年間の間に何かあればメーカーが保証するというものです。(メーカー規定有り)
当然ながら10年以内であっても点検したり、その期間を超えると定期的なメンテナンスが必要となってきます。

屋根や外壁は素材によりメンテナンス時期は異なりますが、少なくとも10年スパンで計画を立てておく事が大切です。
室内においてもキッチンなど水を使う部分は傷みやすく、水栓なんかは平均で10年から15年程度で交換が目安といわれております。

予算にも依りますが正直、10年程度で交換するならあまり高価なものは必要ないと思っております。
よく言う「元をとる」みたいな考え方であれば尚そうです。

しかし、10年程度で交換の必要のないもの、あるいは交換が出来ない骨組みや基礎部分などは出来るだけ長持ちする品質を吟味する必要があると思います。

実際はそこに予算が使われていないのが現状です。(お客様の意向又は建築会社の考え方)
100年持たせることはしっかりメンテナンスしていれば可能なのです。
しかし、現状は経済的な面や所有者が無関心であるが為にどんどん老朽化し、わずか30年程度で建て替えられているのが今の住宅事情です。残念なことです。

アメリカやイギリスでは自分の代で建て替えることはアンラッキーと云われており、しっかり定期的にメンテナンスを行い後世に受け継いで行きます。
また、中古住宅市場は日本の新築市場と同じ割合で、中古物件は新築より高くなり場合も多いようです。
欧米諸国との違いは何なんでしょうか・・・
住まいに対する愛着?習慣?文化?
いろいろ考えさせられます。

日本人ももっともっと住まいを大切にしなければいけないと思う昨今。そのためには暮らし方のレクチャーが必要不可欠だと思います。

今年から、「住教育」について活動を開始しました。小さなお子さんから大人まで、学校では教えてくれない暮らし方や生活に関わることを勉強会を通してお伝え致します。

暮らしの中で当たり前のことを意外に知らない人は多いです。じいさんばあさんから学んだことって非常に大切なんです。

今は核家族化で孫と祖父母が一緒に暮らしていないことがほとんど。当然ながらコミュニケーションも薄く、伝えるべきことも伝わらない、伝えにくい、という状況になっているわけです。

ですから「住教育」というものが必要不可欠だと感じる今日この頃です。

暮らし方を知っていると、住まいの活かし方、メンテナンス方法、更に豊かな暮らしを実現できます。

これから住まいを計画されている方はもちろん、既に新築あるいはリノベーションして暮らされている方も、住教育というものに目を向けてみるのはいかがでしょうか。





▲ このページの先頭へ