【WEB版健幸塾】Vol.13 外壁について考えよう|家づくりを成功するための勉強

外壁写真
【WEB版健幸塾】Vol.13 外壁について考えよう|家づくりを成功するための勉強

外壁に求められるものはとは何か?それは雨・風・熱・音・衝撃から建物とそこで暮らす家族を長期に渡って守ることです。
耐水性・耐風圧性・遮熱遮音性・耐衝撃性・耐凍害性それぞれがバランスよくなくてはならないです。全部最高性能なものは難しいので、予算を考慮し検討することとなります。

また、施工性、メンテナンス性への配慮も必要です。我々建築会社は施工性についてはよく検討し採用しておりますが、プロでもメンテナンス性までよく考えて採用する会社は少ないように感じます。メンテナンス性を考えるということは、お施主様の立場になって将来に掛かるメンテナンスコストを考えるとうこと。
施工しやすいことは工事費を抑えることに直結し、品質の高さにも繋がります。工期、天候、人件費・施工難易度です。

もし、腕の良い職人が高度な技術を駆使して造って、難易度の高いこだわりの強い外壁仕上げが素晴らしい評価を受け完成したとしても、将来それを誰が維持管理するのか、またその職人の技術が無くなるあるいは低下していった時、もしも修理が必要となった場合を考えるとどうでしょうか?

メンテナンス性は大きい指標だと考えてます。選んだ材料がいつ誰がどのような施工方法でメンテナンス出来るのかを考えて材料選定することが大切です。
弊社ではデザイン色が流行りの商材はなるべく使わないようにしております。
いつの時代でも存在しうるであろうものを使い、高度な技術を要するメンテナンスが必要でない方法を採用するよう努めてます。

ちなみに、「メンテナンスフリー」という材料をよく聞きますがその意味を間違った解釈をすると痛い目に遭います。メンテナンスフリーとは何もメンテナンスしなくてもずっと良いという意味ではなく、もしそのような材料があれば相当なコストが掛かる訳であり、もしその材料がメンテナンスを必要としたときは相当なメンテナンス費が掛かること、あるいはメンテナンス出来ないものだと解釈しておけば間違いないと思います。
実際にあったケースで、当時発売したばかりの新商品をお勧めされ採用したばかりに、10数年後経ってその商品が無くなり、メンテナンスできなく、泣く泣く外壁張替えを余儀なくされたケースを多いです。少なくとも20年間程度は用意にメンテナンスできる素材を検討した方が先々を考慮すると安心かと思います。





【清新ハウス】

新潟県新潟市秋葉区福島167-2 
お客様専用ダイヤル0120-395-047
イベント情報 https://www.seishinhouse.com/event
Facebook https://www.facebook.com/seishinhouse/
Instagram https://www.instagram.com/seishin_house/

【HOUSINGGALLERY&CAFE 杜のテラスSAKURA】
新潟市中央区長潟1206-5
TEL:025-385-7094
定休日:毎週日曜、年末年始、GW、お盆
営業時間:10:00~16:00(早めに閉店する場合がございます)
Facebook https://www.facebook.com/morinoterracesakura/
Instagram https://www.instagram.com/morinoterracesakura/

Facebook・Instagramでホットな最新情報配信中。
▲ このページの先頭へ