清新ハウス 小林です!

新潟県民の生活の足である車。新潟で生活していくうえで必要不可欠な存在です。
一世帯当たりの車の所有台数は全国平均が1.06台なのに対して新潟県の平均は1.55台で第10位。実際は最低2台は所有しているご家庭が多いでしょうか。

住まいづくりの中では、車の所有台数などに応じて駐車スペースをどのように設けるか検討する必要があります。

●駐車台数(来客用を含む)
●車の大きさ
●屋根の有無
●アプローチ・玄関ポーチとの関係性
●敷地の大きさ

これらの条件や希望を整理して、ご自身の生活スタイルに合った駐車スペースを計画しましょう。


カーポート

新潟市カーポート車庫インナーガレージ駐車スペース

晴れの日が少ない新潟。天候を気にせずに車の乗り降りをしたいといった理由で屋根付きのカーポートを設置するお客様が最も多いです。上の写真は耐雪100cm・2台用の折板屋根カーポート。雪が積もる新潟では耐雪型を選ぶことが大切です。カーポートがあれば車の上の雪降ろしも不要です。

利便性が高く、費用的にも手の出しやすいカーポートですが、家の外観がカーポートによって遮られてしまうのが難点。外観デザインにこだわりのある方は、デザイン性の高いカーポートを選ぶか、違う選択肢を検討された方が良いかもしれません。


ガレージ

新潟市秋葉区カーポート車庫インナーガレージ駐車スペース

大切な車を風雨や直射日光から守りたいという方にとって、壁の無いカーポートでは少し心もとないかもしれません。
そのような方におすすめなのは周囲を壁に囲まれたガレージタイプです。母屋と外壁材や屋根形状を合わせることで外観デザインを保つことができます。

母屋にガレージを組み込むインナーガレージの他、上の写真の様に別棟で計画する場合もあります。別棟ガレージの場合は、雨に当たらずにスムーズに荷物を運んだりできるように動線計画もしっかり行いましょう。


ピロティを利用する

新潟市カーポート車庫インナーガレージ駐車スペース

ピロティとは柱で支えられた2階フロア下部の外部空間のこと。その空いたスペースに車を停められるように計画した実例です。玄関とのアクセスも良く、雨に濡れずに移動することができます。


3タイプの駐車スペースをご紹介しましたが、ご自身の希望に近いものはありましたでしょうか?
車を乗る機会が多い新潟ですので、よく検討して使いやすい駐車スペースにしましょう。


中央区長潟SAKURAと秋葉区山谷町お客様家公開
OPEN HOUSE
2棟同時開催!
★ご予約・詳細は







【清新ハウス】

新潟県新潟市秋葉区福島167-2 
お客様専用ダイヤル0120-395-047
イベント情報 https://www.seishinhouse.com/event
Facebook https://www.facebook.com/seishinhouse/
Instagram https://www.instagram.com/seishin_house/


【街の屋根やさん新潟店】
屋根工事専門店
http://machiyane-niigata.com/
お客様専用ダイヤル0800-888-4151

Facebook・Instagramでホットな最新情報配信中。
Houzzに登録中の新潟市秋葉区, 新潟県, JPのseishinhouse