冬雪2019
清新ハウス 小林です!

天気予報に雪マークが付き始めていましたが、降ったとしてもまだ積もらないだろうと油断をしていました。
今朝、自宅の周辺は何も積雪がなかったのに、秋葉区に入った途端に景色は一変。およそ3~4cmの雪が積もっていました。みなさんの地域はどうでしたか?
朝一番の仕事は社用車のタイヤ交換となりました。笑



朝晩の気温がグッと低くなった今日この頃。
この時期心配になるのが“給湯器の凍結”です。

もし凍結してしまったら、自然に解凍するのを待つのが基本です。
溶けてしまえばいつも通りお湯が使えるようになりますが、その間お湯が使えずとても不便な思いをすることになるでしょう。

そこで本日は、“凍結する前にご自身でできる凍結予防策”をご紹介します。
冬本番を迎えた今、改めて凍結予防策を確認し実践してみましょう!

給湯器凍結
【予防策①】
給湯器の凍結防止ヒーターを作動させ、機器内の凍結を防止
→気温が下がると給湯器内部にある凍結防止ヒーターが自動的に作動し、機器内を保温する仕組みになっています。
電源プラグが入っていないとこの機能は作動しないのでご注意ください。

【予防策②】
自動ポンプ運転で水を循環させ、追炊き配管の凍結を防止
→追炊き機能がある給湯器では、気温が下がると自動ポンプ運転が作動し、給湯器と浴槽を循環させる配管に自動でお湯が送られて凍結を防止します。
循環金具より5cm以上お湯が溜まっていないと作動しない機能ですので、凍結の恐れがある時は残り湯を溜めておくようにしましょう。

【予防策③】
蛇口からお湯を少量出した状態にし、給水給湯配管の凍結を防止
→リモコンの運転スイッチを切り、お湯を少量出しっぱなしにします。温度を設定できる水栓の場合は最高温度に設定してお湯を出して下さい。

他、外部配管に保温材を巻くのも凍結防止効果があります。
(上の写真 給湯器下から出ている白いものが保温材が巻かれた状態の配管です)


凍結は配管の破損・給湯器故障の原因になる可能性もあります。
事前にできる対策を行い、冬本番に困らないようにしたいですよね。

凍結予防策と対処法は給湯器の各メーカーHPにも掲載されています。こちらも是非チェックしてみて下さい◎

★リンナイ

★ノーリツ

★パロマ



DSC09352-e1573018913983
\モデルハウス販売中/
杜のテラスSAKURA(新潟市中央区長潟)

▼▼見学のご予約について▼▼
ご希望の日の前日17:00までにご予約下さい。
☎0120-395-047(携帯からでもOK)
※夜間・週末は不在の場合がある為、お電話でのご予約は出来かねます。

 [モデルハウスの特徴]
●人気の中央区長潟で公園すぐ近く
●新しい住宅街
●2面道路で全室明るい
●家具・建具全てオリジナルの造り付け
●グルグル回遊できる水周り
●便利な勝手口土間
●8畳のダイナミックな吹抜け
●薪ストーブでポカポカ
●登り梁構造で梁現し&勾配天井
●杉の30mmの無垢床と和紙壁紙と漆喰塗り壁仕上

敷地面積:42.42坪
1階:19.54坪
2階:13.86坪
延床面積:33.4坪
ポーチ:1.8坪
吹抜け:4坪




【清新ハウス】

新潟県新潟市秋葉区福島167-2 
お客様専用ダイヤル0120-395-047
イベント情報 https://www.seishinhouse.com/event
Facebook https://www.facebook.com/seishinhouse/
Instagram https://www.instagram.com/seishin_house/

【街の屋根やさん新潟店】
屋根工事専門店
http://machiyane-niigata.com/
お客様専用ダイヤル0800-888-4151

Facebook・Instagramでホットな最新情報配信中。
Houzzに登録中の新潟市秋葉区, 新潟県, JPのseishinhouse