こんにちは、清新ハウスの田中です。

皆さんはエコバッグ使われていますか?

私は自宅の近所のスーパーで毎度「レジ袋は必要ですか?」と聞かれるようになったことがきっかけで、買い物時にトートバッグを持参するようになりました。

でもよく思うのですが、これって本当に結果的にエコになってるのかな?とか、

ビニール袋を使わないことで実際にどれくらい変わるんだろう?って疑問に思いませんか?


そこで調べたところ、

1人が使用するビニール袋を1日1枚とすると、ビニール袋を使わないことで、年間で4kgの二酸化炭素を削減に貢献しているそうです。

ビニール袋を使わないことは難しそうですが、使用料を減らすことはできそうですね!

これが大きいのか小さいのかは置いておいて、できることは少しづつでも重ねていきたいものですね。

新潟市東区WAKURAS 解体工事1

話は変わりまして、新潟市東区長者町にて新たな工事が始まりました。

今回は弊社No1人気ハイコスパナチュラルブランド「WAKURAS」での住宅建築で、既存の建物を解体してから新たにスタートとなります。

周辺の環境調査を行い、近隣住宅に今後の工事内容についてご挨拶させて頂きます。

新潟市東区WAKURAS 解体工事2

解体工事に騒音・振動は付き物です。ご近所の方もそれはご理解いただいていると思いますが、あまりにも程度がひどい場合に苦情が出る場合もあります。

そのことも含め、工事は長期で近隣の方にご迷惑をかけることになります。

事前にご説明・ご挨拶をしておくことによって、コミュニケーションをしっかりと取り、長いスパンで近隣の方々と良好な関係を保つことが大切だと思います。


準備ができたら、建造物の内部から壁紙、建具、畳、木材、断熱材、石膏ボード、瓦、残置物(ゴミ)などをすべて撤去します。そして外部も同じく手作業で解体できるものを撤去していきます。

新潟市東区WAKURAS 解体工事3

手作業でのを撤去が終ったら、いよいよ重機の出番です。重機を使って手作業では解体しきれない、屋根、壁、柱などを撤去します。この際にほこりが飛散するのを最小限に抑えるため、水をまきながら作業を行います。

地面がコンクリートやアスファルトなどで舗装されているところにも、下に基礎や杭が埋まっている場合があるので全て解体します。

新潟市東区WAKURAS 解体工事5

解体工事によって出た廃材をコンクリートガラ、鉄、木材、プラスチックなどに分別し、トラックやダンプカーで搬出します。その後は土などにコンクリートガラや廃材が残ってないかを確認し、問題なければ整地をして解体工事は終了となります。
新潟市東区WAKURAS 解体工事4

解体工事は作業員の安全はもちろんですが、近隣の方々の安全や生活に配慮しながら作業しなくてはなりません。

また近隣に埃が舞ってしまったり、迷惑がかかる可能性の高い工事でもあります。

今後ご自身が家を建て替えたり、リノベーション工事の際は、このようなことを思い出してみてください。





【清新ハウス】

新潟県新潟市秋葉区福島167-2 
お客様専用ダイヤル0120-395-047
イベント情報 https://www.seishinhouse.com/event
Facebook https://www.facebook.com/seishinhouse/
Instagram https://www.instagram.com/seishin_house/

【街の屋根やさん新潟店】
屋根工事専門店
http://machiyane-niigata.com/
お客様専用ダイヤル0800-888-4151

Facebook・Instagramでホットな最新情報配信中。
Houzzに登録中の新潟市秋葉区, 新潟県, JPのseishinhouse