IMG_0951
2016.12.19
こんにちは。
久しぶりに頭を丸めたくなりました。清新ハウスの近藤です。

南区Y様邸新築工事・木工事は外部作業へと進んでおります。
防水紙を張る前に耐力面材を張ります。
耐力面材は高い壁倍率で地震や台風時の外力から建物を守ってくれる材料です。
その名も【あんしん】。
この【あんしん】はただ外力に強いわけではありません。
耐震性はもとより、防耐火性・耐久性・透湿性・耐朽性・耐衝撃性・環境性にも優れているといわれます。

防耐火性・・・国土交通大臣認定準不燃材料 QM-0457(両面アクリル系樹脂塗装/パルプ・けい酸質混入セメント板)
        準不燃材料認定を取得しており、万が一の火災時にも『あんしん』です。

耐久性・・・『あんしん』は、建物を長持ちさせる耐久性が魅力です。
       耐力面材は、長期間荷重に耐える必要性がありますので、製品には耐久性が必要です。
       『あんしん』は耐久性を評価する、耐凍結融解性、耐透水性で優れた性質を示します。
       また、透湿性は構造用合板より優れており、壁の内部の湿気をスムーズに放出し、結露の発生を最小限に抑えます。

透湿性・・・壁の内部に発生する結露は、土台や柱、壁などを腐らせかねない建物の大敵です。
       しかし、湿気をよく通す耐力面材を使えば、この結露による腐食を防ぐことができます。
       『あんしん』は、壁の内部の湿気をスムーズに放出し、結露の発生を最少限に抑えます。

耐朽性・・・長い年月を経過した建物は老朽化が進み、その耐久性は徐々に低下していきます。
       高い耐朽性を誇る『あんしん』を使用すれば、長期間にわたって建物を守ることができます。

防蟻性・・・木材やプラスチックだけでなく、ときにはコンクリートや金属まで食害し、建物に大きな被害を与えるシロアリ。
       『あんしん』なら、シロアリが発生しにくい環境をつくり、その侵入を未然にシャットアウトすることができ、
       重量減少や食害がほとんどありません。

耐衝撃性・・・地震や台風などの天災が起こると、建物に予測できない負荷が掛かることもあります。
        たとえば、突風で飛ばされたガラスや家財が外壁に衝突したり、ブロック塀が倒れ掛かるなどの被害も起こりかねません。
         そんなとき、高い衝撃性を持つ『あんしん』なら、局部的に起こる大きな衝撃からも建物を守ることができます。

環境性・・・『あんしん』はホルムアルデヒド発散建築材料に含まれていないので規制の対象外となり、制限無く使用できます。
       『あんしん』はクロルピリホスや石綿を添加していないので安心して使用できます。
       他のVOC(トルエン、キシレンなど)についても問題はありません。

※ニチハ耐力面材カタログ参照。


【あんしん】で【あんしん】の住宅。
そして第三者機関による金物検査を本日実施。
結果は後ほど。

【本社 清新ハウス】
新潟県新潟市秋葉区福島167-2 お客様専用ダイヤル0120-395-047
イベント情報  https://www.seishinhouse.com/event
Facebook   https://www.facebook.com/seishinhouse/
インスタグラム https://www.instagram.com/seishin_house/

【HOUSINGGALLERY&CAFE 杜のテラスSAKURA】
新潟県新潟市中央区長潟1206-5 TEL.025-385-7094
定休日:毎週水曜、年末年始、GW、お盆
営業時間:11:00~17:00(早めに閉店する場合がございます)
Facebook   https://www.facebook.com/morinoterracesakura/
インスタグラム https://www.instagram.com/accounts/edit/

【10坪の家 町家カフェ】
新潟県新潟市秋葉区美善1-5-35 TEL.0250-24-4000
定休日:毎週日曜、祝日、年末年始、GW、お盆
営業時間:10:00~17:00(早めに閉店する場合がございます)
Facebook   https://www.facebook.com/machisalo/
インスタグラム https://www.instagram.com/machiya_cafe/

Facebook・インスタグラムでホットで楽しい情報を配信中です!
普段見れないアットホームな社風も見れますよ~♪
ぜひフォローお願いします。