こんにちは、清新ハウス高井です。


自然素材にこだわる住まいづくりは、細部にまでこだわり抜きます。造付の家具はもちろん、階段の手すりや収納の取っ手まで。毎日触れるからこそ木の温もりを感じられるように…。今回はそんな細部にこだわった施工事例をご紹介したいと思います。
触れるからこそ木の温もりを。

触れるからこそ木の温もりを。

こちらは和室収納の建具です。開き戸の取っ手に無垢材を使用しました。正面から見ても建具の枠になじみ、自然な見た目になります。

右の写真を見てください。取っ手に年輪がきれいに表れているのがお分かりになるでしょうか。木材には切り取る部分によって様々な木目が現れます。
切り取った面に対して縦に現れる木目が「柾目(まさめ)」といい、シンプルですっきりした見た目になります。また、柾目の材料は収縮しにくく、狂いが起こりにくいというメリットもあります。しかし、柾目は木の中心を通る線(直径方向)でカットするため、一本の木からとれる数が限られているため希少な材料で、価格も高くなります。
他にも「板目(いため)」と呼ばれる木目の出方もあります。板目材は板にしたときに最もよくあらわれる種類の年輪で、柾目のような真っすぐな縦模様ではなく、微妙なカーブを描いているのが特徴です。学校の机にも楕円の木目が入っているものもあったような気がします。授業中に木目をなぞって落書きしたりしませんでしたか?(笑)板目材は一本の丸太から何枚も取ることができるので価格は安いです。また木それぞれ年輪の付き方は違うので楕円に出る木目の形や濃さなど個性を楽しめるのも特徴の一つです。
触れるからこそ木の温もりを。

触れるからこそ木の温もりを。

階段の手すりは1日で何度も手が触れる場所です。だからこそ木の柔らかさ、温もりを感じてほしい。そんな思いも込めて、杉の無垢材を使用した手すりを採用しています。


手で触れて感じて、使って感じて…。
木材は年数が経てば経つほど住む人の形になっていきます。正解の形はありません。住む人が木材を生かすのです。そんな細部までこだわる、自然素材の家に住んでみませんか?
長期優良住宅 20代で建てる自然素材の家
ゆとりと生活動線に拘った
20代で建てる自然素材の家
OPEN HOUSE公開中!
【長期優良住宅・若蔵】

日時:~2020年11月15日(日)まで
場所:新潟市秋葉区山谷町1丁目13-32

★ご予約・詳細は






【清新ハウス】

新潟県新潟市秋葉区福島167-2 
お客様専用ダイヤル0120-395-047
イベント情報 https://www.seishinhouse.com/event
Facebook https://www.facebook.com/seishinhouse/
Instagram https://www.instagram.com/seishin_house/
Pinterest   https://www.pinterest.jp/seishin_house/pins/

【街の屋根やさん新潟店】
屋根工事専門店
http://machiyane-niigata.com/
お客様専用ダイヤル0800-888-4151

Facebook・Instagramでホットな最新情報配信中。
Houzzに登録中の新潟市秋葉区, 新潟県, JPのseishinhouse