こんにちは、清新ハウス高井です。

今回は家を形作る構造材の「筋交い」についてのブログです。

「筋交い」とは構造材の一種で、住宅の耐震性を高めるために壁の中に斜めに取り付ける部材です。梁と柱で囲まれた四角の対角線上に筋交いを入れることにより、地震の横揺れや風圧に対する耐力を持ちます。


筋交いを切り欠いたらいけない理由

筋交いを切り欠いてはいけない理由

右側の写真の斜めに取り付けられている部材が筋交いです。建築基準法では筋かいの結合部には金物を使うことを義務付けています。

また、柱と柱の間に細い柱があるのがわかりますか?この細い柱を「間柱」といい、内壁を支えるための柱です。間柱があることで、釘やネジを壁に打ち込んだ際に安定感が増し、釘やネギが抜けにくくなるなどのメリットがあります。

突然ですがここで問題です。この筋交いと間柱が干渉してしまう場合、切り欠くのはどちらだと思いますか?
二級建築士の学科試験でも出題される問題です。


筋交いを切り欠いてはいけない理由

答えは「間柱を切り欠き、筋交いは切り欠いてはいけない」です。

筋交いを切り欠くと、その切り欠いた部分から筋交いが折れてしまう可能性があります。筋交いが折れてしまうと力がうまく伝わらず構造のバランスが崩れてしまうため、絶対に筋交いを欠いてはいけません。

たすき掛けと言い筋かいを交差して取り付ける場合がありますが、この場合も間柱を欠き込みます。





中央区長潟SAKURAと秋葉区山谷町お客様家公開
OPEN HOUSE 開催中!
★ご予約・詳細は
こちら




【清新ハウス】

新潟県新潟市秋葉区福島167-2 
お客様専用ダイヤル0120-395-047
イベント情報 https://www.seishinhouse.com/event
Facebook https://www.facebook.com/seishinhouse/
Instagram https://www.instagram.com/seishin_house/
Pinterest   https://www.pinterest.jp/seishin_house/pins/

【街の屋根やさん新潟店】
屋根工事専門店
http://machiyane-niigata.com/
お客様専用ダイヤル0800-888-4151

Facebook・Instagramでホットな最新情報配信中。
Houzzに登録中の新潟市秋葉区, 新潟県, JPのseishinhouse

関連するスタッフブログを見る