こんにちは、清新ハウス高井です。

今回は「ロフト」についてお話します。ロフトとは、天井を取り払い、屋根裏部分を利用するスペースのことで、建築基準法で定められている次のようなポイントをクリアしたもののことを指します。
・1.4m以下の天井高であること
・面積はロフト部分直下階の1/8まで
・ロフトへかけるはしごは固定されていてはならない
ロフトの必要性

ロフトは、先に挙げた建築基準法を満たせば、「階数にカウントしなくても良い」と認められています。つまり、屋根裏のデッドスペースを活用しながら、固定資産税などの税金面でのメリットも生まれます。例えば平屋でロフトを計画するとしましょう。条件さえ揃えば、実質2階部分となるロフトは延べ床面積に含めなくてよいのです。居室や収納など完全個室にしたいというこだわりがないのであれば、ロフトを検討してみるのはいかがでしょうか。


さらに、天井を取り払うことで見た目にも広々と感じられ、室内のアクセントとして目を引くものとなります。また、ロフト部分は人の視線より高くなるため、寝室にしても生活感が表立って見えてこないというメリットもあります。

ロフトの必要性

ロフトの必要性

ロフトは収納スペースとして活用されることも多いですが、はしごをのぼることでしか使用できないことや、天井の高さが低いことで頭をぶつける危険があるなど、実際に使ってみると物の出し入れが意外と大変だと感じる方が多いようです。

また、ロフトのメリットである天井の高い開放的なつくりは、冷暖房の効率の面から考えるとデメリットになってしまいます。他にも、掃除がしにくくホコリが溜まりやすかったり、湿気がこもってカビが生えてしまう等、ロフト特有のデメリットもありますので、ロフトを検討される際はそれを十分に理解した上で住まいに取り入れるようにしましょう。


第9回フォトコン

※間もなく締め切り※


清新ハウスオーナー‘sイベント第9回フォトコン


9回フォトコンテーマ「我が家のおうち時間」


コロナウイルスの影響で「おうち時間」が増えている中、皆様はどのように過ごされていますか?


広いデッキでのんびり日向ぼっこをしたり、家の掃除をしたり、お庭で運動をしたり…


そんな皆様の「おうち時間」、フォトコンに応募してみませんか?


・我が家の自慢の〇〇でこんなことしてます!


・おうち時間でこんなことしました!              etc


何気ない日常やおうち時間があったからこそできたことなどなど、ふるってご応募ください。


募集期間は5/1()9/30()となっております。


詳しくは下記リンクよりご確認ください。


ご応募お待ちしております!


フォトコンご応募は → こちら


おうち時間にDIYしてみませんか?


DIY資材販売は → こちら





【清新ハウス】

新潟県新潟市秋葉区福島167-2 
お客様専用ダイヤル0120-395-047
イベント情報 https://www.seishinhouse.com/event
Facebook https://www.facebook.com/seishinhouse/
Instagram https://www.instagram.com/seishin_house/
Pinterest   https://www.pinterest.jp/seishin_house/pins/

【街の屋根やさん新潟店】
屋根工事専門店
http://machiyane-niigata.com/
お客様専用ダイヤル0800-888-4151

Facebook・Instagramでホットな最新情報配信中。
Houzzに登録中の新潟市秋葉区, 新潟県, JPのseishinhouse