清新ハウス 羽下です!

お天気のいい日が続いていますね。
今日をはじめに運動会シーズンが続きますでしょうか。
付近の小学校では応援練習の声が響いています。
お父さん、お母さん方大変お疲れ様です、熱中症には十分気を付けて下さい。

さて春から夏にかけてぴったりの「木部塗装DIY」の季節がやってきました!
弊社でも早速、事務所周りの木部塗装を行いました。
まずは塗装前の下準備・・・
木部塗装 木塀塗装③
前回の塗装から5年くらい経ちますでしょうか。
よく日の当たる所ではありませんが、徐々に表面の塗装が剥がれ、傷み始めてきました・・・。
木部塗装 木塀塗装①
木部表面の汚れを削り落として、塗料が木部に入りやすいように下準備します。
弊社には電動のサンダーがあったので使用しました。便利な世の中ですね。
粗めのペーパーで軽く表面をこする程度で大丈夫!
細かめのペーパーで綺麗に削ると逆に塗料が木部にのらなくなったお宅を見たことがあります。
気合を入れて削るのは要注意でしょうか・・・、軽い気持ちで適度にかけましょう!

木部塗装 木塀塗装②

その後丁寧に塗装作業。
今回も前回の塗料と同じく『キシラデコール 色:パリサンダ』を塗りました。
今回使用した塗料「キシラデコール」は木材防虫剤や木材防腐、防カビ材が含まれています。
この木塀の環境下であれば、次は2~3年後位がまた塗装する目安でしょうか。
定期的な塗装メンテナンスが木塀の耐久性を高めます。

キシラデコールの専用HPでは塗装作業に入る前の準備物の説明や、施工事例など詳しく載っています。
ご参考になるかと思いますので、是非併せてチェックしてみてください→こちら

木部塗装 木塀塗装④
下準備が上手にできたようで、塗料がしっかりと入りました。

作業は大変ですが、綺麗な仕上がりを見るといつも見ていた景色が変わり、気分も心機一転しますね。

これから塗装DIYをされる方は熱中症に注意しながら、作業頑張って下さい!

自分でやるのは大変!最初はプロにやってもらおうかな?とお考えの方は
是非清新ハウスにお声がけ下さい。
塗装にぴったりの時期は天気が穏やかな、夏前や冬前がオススメです。
是非ご検討くださいませ。