リシン吹付の外壁お目見え

Y様足場外壁
只今建築中の新潟市南区Y様邸は只今内部造作最後の追い込み中です。今日は足場が外れ外壁もお目見え。リシン吹付塗装は雰囲気があっていいですね。和洋折衷でしっくりきます。また色もお好みで選べるのも良い。北側正面に板張りのアクセントを入れフェイスを締めます。ゲヤはGL鋼板で2パターンの外壁仕様。
Y様邸内装ボード
内部はほぼ下地ボードを張り終え、細かい造作棚などを造っております。少しでも内部の環境が良くなるよう、弊社ではホルムアルデヒドを吸着するピンクのハイクリンボードを使用しております。
Y様邸内装ボード1
またボードの張り方にもこだわりがあります。窓回りや建具枠回りのボードの張り方です。L型にカットし角に対して一枚形状で張ります。以前はシンプルに縦と横ラインで張り、枠の角に対して縦横真っ直ぐ継ぎ目が来ていたのですが、現在は地震時の壁クラック発生を抑えるべく意識的にボードを張り分けてます。ボードのロスが少し出ますが、長年の暮らしを考えたらこのような部分の気遣いは大切だと考えます。
長年の経験値を基に、大工さんと検討しながらこのスタイルになりました。仕上がってみると見えなくなり分かりませんが、暮らして行く中では後程このような部分に結果として表れてきます。

動画公開「笑顔で暮らす木の家 清新ハウス 一級建築士事務所」

動画公開致しました!
【笑顔で暮らす木の家 清新ハウス 一級建築士事務所】

明日のファーストプランに向け

小林
いよいよ明日はK様邸のファーストプランお打合せ。只今模型製作のエキスパート弊社小林が必死にスパートかけてます。
4人家族で暮らすベース+ゲヤ2ゾーンの家。広い敷地なので少々材を使用しますが、外構の樹木にも力を入れ、素敵な模型が出来上がることでしょう。楽しみです☆

設計上の直下率について

直下率
熊本地震後「直下率」という言葉をよく耳にするようになりました。直下率とは建築設計において簡単に言うと2階の壁と柱が1階の壁と柱と同じ面で縦に直結している状態のことを云います。先般の熊本地震では、この直下率が高ければ地震に強いということが証明されました。2階にいくら壁や柱が多くあっても、1階の開口部の上に壁が乗った形では耐震性は低くなります。熊本地震では、現行の最新基準で建てられた住宅でも、直下率が90%近い住宅はほとんど被害を受けず、一方10%以下の住宅は耐震等級2以上でも倒壊しました。倒壊した住宅は2階の壁の下にはほとんど壁がなかったとの報告があります。

現在、大地震を懸念して耐震等級を意識するお施主様が増えてきました。またハウスメーカーや工務店でも耐震等級3を標準とするビルダーが増えています。そんな中、等級が良ければ安心安全という神話が崩された今回の地震。いくら耐震等級3でも構造計算上はOKでもバランスの悪い設計であると倒壊の可能性が高くなります。

建築基準法では数百年に一度発生する震度6強から震度7程度の地震に対して、倒壊・崩壊しないと定めております。
机上論(計算上)は耐震等級1の1.5倍の強さで計算され、耐震等級3となっていても骨格の良い構造でなければ安心出来ないということです。
昔から四角い箱形の家はコストも抑えられ、丈夫な家になると云われてきました。(ちなみに弊社の蔵里32坪総二階プランドがこれに当たります)
1階に駐車場が組み込まれている家や2階がせり出している家は直下率が低くなります。丈夫でバランスの良い骨格の家は強いということです。

ちなみにリフォーム・やリノベーションの分野においては、現況に合わせて改修計画をしていくのでなかなか直下率を上げることが難しい場合がございます。そんな中、2階の床を強くすることでねじれ防止効果を上げることができます。フローリングや畳の下に構造用合板を施工します。こうすることで床が胴差と一体になり、壁にかかる力が分散されます。その他天井裏から梁を強化する方法もあります。家の構造により補強対策考えることが大切です。

現在この直下率を意識したビルダーはどのくらいいるのか?意外にも住宅メーカーにはまだこの意識が広がっていない様子です。
清新ハウスでは昔から先代のこだわりである「構造美」を意識し、骨格の良い構造設計を行ってきました。時にお施主様のご要望の間取りが叶わなかった時もあります。それはプロとしての使命を全うするため。安心して家族が暮らすことが大前提なのです。構造に無理をしない、合理的な設計、これが大切なのです。
デザインにこだわるあまりバランスを考えないと、揺れやすい家になったり、寒い家になったり、結露がすごい家になったりと様々な不具合が出てきます。
これから新築を建てられる方は間取りや仕上げばかりに目をやらず、柱や窓の位置など線の通る構造を意識してみてください。



コウモリやネズミなどの侵入を防ぐ家づくり

防虫部材
住生活における虫害は『シロアリ』が有名ですが、意外に多いのはコウモリです。環境にもよりますが、暖かい建物を求めて隙間狙って住まいに侵入してきます。弊社でも数年前に数件コウモリ害の相談を受けました。
劣化したエアコンダクトから侵入し、エアコン内に巣を作り室内に糞の被害を起こしたり、小屋裏内に生息し小屋裏を汚し菌をまき散らしたりと被害が後を絶ちません。1センチ程の隙間があればコウモリは容易に侵入してきます。
軒天・小屋裏換気口、通気口、面戸など隙間が1センチ以上あれば侵入の可能性があります。
昨今気密住宅の普及で隙間が無いよう意識した住宅建築が多くなりましたが、落とし穴もあります。ペーパーバリアで内壁の気密をしっかりとっても外部に穴があれば虫やコウモリが侵入してきます。
ちなみにコウモリは蛾やゴキブリなどの虫を餌としているため、鳥獣保護法により無許可での殺処理が禁止されているそうです。もしあなたの住まいにコウモリや虫が住み着きリビングあたりで遭遇したらどうしますか?気持ち悪いですよね。

そこでより快適に過ごしていただく為に、清新ハウスでは虫やネズミやコウモリなどが侵入しない様に防虫部材を設けております。
外壁の下地厚は18ミリあるので、下部からの侵入を防ぐためにメッシュ状の部材を施工します。外壁通気を確保しつつ虫や小動物の侵入を防ぎます。

築年数が数十年経過している建物や古民家などでは、ハクビシンやアライグマなどの被害もあります。床下から壁内を通って屋根裏へ行きます。夜な夜なゴソゴソ音をたて、暖かい場所を求め天井裏に住み着きます。
『暖かくて理想の間取り!』も大切ですが、こうした環境で快適に住むために、虫や小動物から守る家づくりにも着目する必要があります。

お待たせしました!気になる光冷暖の電気代はこれだっ!!

光冷暖搭載LDK蔵里
1Fの光冷暖ラジエーターは幅120センチのものが1台のみ。南向きで1.75坪の大きな吹き抜けがあり、北側奥まで冬の日差しが入り込む明るいお住まいです。
光冷暖搭載2Fホール蔵里
2Fもホールに幅120センチのものが1台のみ。1F2F合わせて2台のラジエーターのみで全館冷暖房を行います。

2016年Y様邸光冷暖電気代データ
3年前にお引渡しさせて頂きましたオーナー様の光熱費を公開致します。
オール電化仕様で冷暖房は光冷暖。光冷暖導入を検討されている方にとって気になるのは光熱費。全館温湿度共ほとんどムラの無い環境を実現する光冷暖。
さて1年を通して電気代はどうなのか?

気になるその結果を表とグラフにまとめてみました。
暖房シーズンはコスト高になりますが、エコキュートやIHを含め、MAX26,485円。
電気代は請求が1か月ずれているので、実際は1月の電気代となります。2月でも25,000円程度。
ガスを併用されているお宅でも電気と合算し上手に節約工夫されていても25,000円位でしょうか。(ガス、灯油、薪など・・・)
灯油代がシーズン10万以上かかっている!という方もいらっしゃいます。薪ストーブも薪を全部業者から買うとシーズン20万円以上も掛かります(日中在宅の場合)

従来の冷暖房機との大きな違いは『全館冷暖房』ということです。浴室以外、収納の中も含め全ての空間を冷暖房しております。
同じ温熱環境をエアコンや温風暖房器でつくろうとすれば何台も稼働させなければいけません。特に床下エアコンの冷房時との心地良さは比較になりません。(2Fのロフトまで冷えます)
全館冷暖房でこの電気代は魅力的な数字と云えます。年間で168,951円の電気代。その他水道代のみです。夏の冷房時期でも仮にエアコンをガンガン掛けると電気代は10,000円超えます。(建物の大きさにも依りますが)

暖房時は遠赤外線で心地よい暖かさで、冷房時は洞窟の中に居るようで、風が無く、ヒンヤリとした環境を実現します。
5~6、9~10月位は稼働せず、その他はお好みの設定温度でずっと付けっ放しでOKです。

また、ここに4kw以上の太陽光発電を搭載すれば創エネでゼロエネルギーハウスZEHとなり、年間の消費エネルギーは0以下となり電気代も0円以下となるでしょう。
ちなみにこの建物の外皮平均熱貫流率は0.6程度です。(APW310アルミ樹脂複合サッシ、高性能グラスウール)
弊社では3年以上前からZEHレベルの家づくりを行っております。
更に外皮を高めて行くことで、光熱費の削減につながります。
年間12万円程度まで行くとイイですね。


【物件データ】
秋葉区Y様邸
建物面積:1F 50.40㎡(15.24坪)、2F 47.08㎡(14.24坪)、吹き抜け5.80㎡(1.75坪)  延べ面積 103.28㎡(31.23坪)
設備:CORONA製 高効率エコキュート460L 
照明器具:全灯LED
冷暖房:光冷暖 ヒートポンプ(エコヌクールピコ 1台のみ)
内装:杉無垢フローリング、壁天井 オールKFT漆喰塗り仕上げ
断熱材:高性能グラスウール 14k品  押し出し法ポリスチレンフォームt65㎜
べた基礎仕様、耐震等級2、長期優良住宅


予定通りのドカ雪

ドカ雪除雪清新ハウス
おはようございます。天気予報通りドカ雪降りましたね。一晩で50センチは積もりました。毎度のことなので慣れっこですが、朝から会社駐車場確保で社員一同一気に除雪します。降ったばかりなので雪は軽く除雪しやすいですね。ここで怠けると固くなり次第に身体が厳しくなる除雪となります。今のうちにちょいちょいやっていった方が安心です。さすがに今日は現場は休みとさせて頂きました。仕事になりません・・・大工さんも家から出られない様です・・・今晩明日も大雪の予定です。明日の朝もいい運動になるでしょう。
ドカ雪除雪清新ハウス
車のガラスはガッチガチで凍って開きません。
ドカ雪除雪清新ハウス
駐車場の雪をかき集めて結構なサイズのハーフパイプが作れます。

元気があれば何でも出来る!

元気があればなんでもできる
今日から新潟も大雪予報です。今朝からしんしんと降り始めました。足元が非常に滑りやすくなるので、現場は養生と安全に最新の注意を払い進めてまいります。

さて、今月の弊社のスローガンは年初めとして私が書きました。(字が汚いですが・・・)
「元気があれば何でも出来る」
そう、私が敬うアントニオ猪木氏の言葉です。
この言葉には何回も助けられました。シンプルで分かりやすい言葉。モチベーションが上がる言葉。
逆に元気が無ければ物事は成し遂げられない。病気になったらうまくいかない。元気であるからこそ行動も出来るしやる気も出てくる。
年頭にふさわしい言葉だと思います。
この精神で一年を駆け抜ける為、このスローガンとしました。(注意:決して会長が猪木に似ているからではございません)

毎朝朝礼で社員一同唱和します。


朝礼進行:「今月のスローガンっ!」

全員:「元気があれば何でも出来る!!!」


朝から気持ち良いです。

1/31日まで唱和し続けます。

ちなみに「ダぁー」はしません。


捕食ヌマエビ

アクアリウムヤマトヌマエビ
事務所でちまちまいじくってるアクアリウムです。
何回もイメチェンしている水槽。
藻が繁殖して結構世話のやける水槽。
ライティングし過ぎなのは承知ですが・・・
立ち上げてまだ数週間なのでグランドカバーのグロッソスティグマを育ててる最中です。
そんな中、1匹いなくなってしまいました。
何処へ行ったのか?

よく見てみると・・・
アクアリウムヤマトヌマエビ
ガーン!!!

ヤマトヌマエビどもが魚を喰ってました。
3匹総攻めです。最後は骨だけが残って傍らに沈んでました・・・
藻などを食べてくれて非常に助かるエビ達ですが、凶暴な面もあるようです。
今後注視していく必要があります。

成人式

塚本
おはようございます。本日は成人の日ですね。新潟市では昨日成人式が執り行われました。
弊社若手No1塚本航平も今年成人ということでハリキッて参加してきたようです。まだ誕生日は迎えてないのでお酒は呑めませんが来月には二十歳。盛大に大人の洗礼を浴びせてあげたいと思います。

1/5に撮った写真ですが、

ゲッツポーズをするところが古い・・・

遠目で小学生が疑問の表情・・・

なかなか愛嬌のある塚本です。

宜しくお願い致します。

▲ このページの先頭へ