湯涌江戸村は古民家が一度に多く見れる贅沢な村

image210
全国古民家再生協会北信越地区会員大会で金沢は湯涌江戸村に来ています。
ここは国、県、市とそれぞれの指定文化財の古民家が多くある村です。
一気に様々な仕様(武家、商家、農家など)の古民家が見れる贅沢な村です。
ベンガラで塗られた外壁と木格子が印象的な建物が目に留まります。金沢のひがし茶屋にもベンガラで塗られた外壁や木格子構えの町家がたくさんあります。
居間や客間、土間の位置、客人をどう迎えるか?など当時の暮らし方を学ぶ事が出来ます。
全て移築された建物なので、今まではそれぞれ別の場所に建っていたそうです。
時代が経ちそれぞれの所有者から国や県が管理を引き受けこの地に建てられたそうです。
中に入ると全ての建物に共通していた事は、「涼しい」ということです。
伝統構法は夏向きに造られた建物です。
実はこれが一番省エネなんだなぁと思いました。
先人の知恵がたくさんつまった造りです。
板張り外壁や茅葺屋根などメンテナンスは大変でしょうが、昔は当たり前の習慣。
今では便利で優れた部材や素材が有りますが、便利過ぎて住まいを大切にする事を現代人は忘れています。
いや、分かってない人が多いのかもしれません。
だから我々の様な建築屋が住教育をする事が必要なのかもしれません。
昔は祖父母と一緒に暮らし家族3世代同居は普通でした。
だから祖父母から昔の事や暮らし方を教えてもらったり、躾までされました。
しかし核家族化が進み、昔の情報や事実が子孫に継がれて行かなくなりました。
聞かなければ誰も教えてくれません。あるいは教えられません。
だから暮らし方が変わってくるのだと思いました。
暮らし方が変わることは悪い訳ではないですが、いい所まで知らないのはもったいない、どこか淋しい気がします。
住まいの歴史や暮らし方を未来の子供達の為に伝え継いでいく我々のミッションを痛感しました。
湯涌江戸村、また行きたい場所の1人です。
ちなみに食事処は近所の「銭がめ」がおすすめです。川魚の刺身や鮎が食べれます。
image211
image212
image213
image214
image215
image216
image217
image218
image220
image221
image222
image223
image224

ハーレーダビッドソンがナゼ売れるのか?

image207
ハーレーダビッドソンジャパン最高顧問の奥井氏のお話を聴く事が出来ました。

ナゼ売れるのか?

ナゼ人気があるのか?

そのヒミツを聴く事が出来ました。

我々住宅業界との共通点が多いですね。

勝てる市場で勝負する。

小が大を負かすステージ。

この本を頂きました。

早速読込みます。

そして、ハーレーが欲しくなりました。

その前に教習所です…

2016佐渡ロングライド出場!清新チーム其の壱

IMG_9305
先週末に2016佐渡ロングライドが開催されました。

昨年に引き続き参加してきました。

ちょうど1年前から始めたロードバイク。

マラソンが苦手なので自転車ならと思い始めたのがきっかけでした。


見事にハマってしまい、更に社員も巻き込んでの参加です。(笑)

今年は清新ハウスからは私と村山と塚本の3人で参加しました。

前日に佐渡入り。

7時台のジェットフォイルに乗りましたがすでに自転車を担いぐ乗客でいっぱいでした。


IMG_9316

最高の天気に恵まれた週末。

船からは小佐渡が見えてきました。

残念ながら今回は小佐渡は走らず、昨年同様大佐渡+佐渡横断の130キロコースに挑戦です。

IMG_9317

到着し、送迎バスに乗り込み会場へ。

とりあえず佐渡っぽいのをシャッター。

IMG_9322-e1463651526776

波も穏やかで、澄み切った空と海。

メンバー皆徐々にエキサイトしてきました。

受付会場にて自転車を組み立て、受付を済ませてから佐渡の商店街を散策。
IMG_9346-e1463652090570

祭り?でしょうか、昨年同様商店街は人と活気に溢れてました。

魚屋さんの前ではマグロの解体ショーをしていました。

間近で見るのは初めてです。

40キロ程のマグロを手際よくさばいて行きます。

かまトロはわずか1秒で落札。

大トロ部にはよだれが止まりませんでした・・・
IMG_9352-e1463651411329

スタート前に全員で記念撮影。

無事全員で完走目指し気合チャージです。

先日の弥彦スカイラインで脚を攣ってしまい痛い目にあったので、今回は攣らないよう十分にストレッチしてから臨みます。

住宅の省エネ性能の見える化がスタンダードになります

BELS-e1461405161385

いよいよきましたね。住宅の省エネ性能の見える化がスタンダードになります。

国土交通省はこの4月より建築物省エネルギー性能表示制度「BELS」の住宅版をスタートさせました。

ところでこのBELS(ベルス)とは何か?これは国交省による非住宅建築物にかかkる省エネルギー性能表示の為のガイドラインに基づき2014年より開始された制度で、建築物の省エネ性能に特化した日本初の統一された公的指標です。今まではは非住宅が対象でしたが、2020年の省エネ基準への適合義務化を見据えてこの4月より住宅版BELSがスタートしたとのことです。

これは住宅そのものや広告物などにラベルを掲示して省エネ性能を分かりやすくする表示のことだそうです。

分かりやすい「見える化」ですね。

日頃車でバックガラスに貼ってあるラベルを見かけますよね。これと同じ役割になります。

消費者が住宅を選ぶ際に基準の一つとして分かりやすく適切に評価できるように環境を整備することを目的としております。

このBELSは第三者機関により評価が行われ、省エネ基準に基づき設計時の省エネ性能について外皮性能及び一次エネルギー消費量の2つの指標で実施されます。

・・・なんか難しくなってきましたね。

外皮性能とは断熱材などの性能が評価され、外皮平均熱貫流率(Ua値)及び冷房期の平均日射熱取得率(ηac値)が基準レベルを満たしている場合に適合と表示されます。

この数値を表示するため、各メーカー・工務店が手掛ける建物の性能をアピールすることが可能となります。

性能は1~5つ★で表示され、シンプルで分かりやすい表示です。5つ星がMAXで高性能の証となります。

ちなみに弊社の標準仕様は現在3~4つ星となりそうです。これを今後4つ星以上に設定していきます。当然高性能になるので価格も上がります。



しかし!


ここからが大事です。



イニシャルコストが上がる、つまり建物コストが上がっても、ランニングコストが下がればどうでしょうか?

建築の際にほとんどの方が建物+土地+諸経費価格ばかりに目が行き、実際生活が始まってからのランニングコスト(光熱費等)を考えていない方が多いのが現状です。

建物価格が上がっても光熱費が下がれば良い訳で、結局家庭から出ていくお金(ランニングコスト)は変わらなければ良い、または下がれば良いということです。

イメージつきますか?

住宅ローンは借りた瞬間からランニングコストです。水道光熱費もランニングコストです。

その二つを合わせた額で家庭から支出するランニングコストを考えて下さい。

例えばサッシのグレードアップによるイニシャルコスト増で、月々2,000円住宅ローン支払いが増えたとします。

しかし、そのことで電気代が年平均月々2,000円(年間24,000円)安くなったらどうでしょう。家庭から出ていくランニングコストはどちらも同じです。

更に35年先迄考えたら・・・

将来のエネルギーコスト(電気・ガス・灯油等)の単価はいくらになるか分かりません。

だから建物の性能を上げておくのです。そうすれば不安定な将来のエネルギーコストに対応しやすくなるのです。

最近の事例でいうとオール電化の住宅で、当初予定していた建物性能比較で、月々1万円ローン支払いが上がりましたが、年間の電気代が※0円(相殺して)となるデータが出ました。
※電力単価に影響されるので必ずしも0円となる訳ではございません。

あとは水道代だけです。節水タイプの水栓を使用しているのでもちろん水道も安いです。
 
太陽光を載せて0円になる。あるいはプラス収支になる。そんな状況はよくあります。

要は考え方次第です。

まとめると、家庭から出ていくランニングコストに変わりがない、あるいは安くなるとしたら、建物性能を上げる方が将来的に良いということです。



ということで、今後の清新ハウスの建物は全棟この「BELS」表示を標準としていきます。

建築済の方も性能表示は行えるとのことですので、ご希望の方はお気軽にお尋ね下さい。
→お問合せ先 0250-24-4151

この「見える化」、性能重視の私にとって結構楽しみです。

BELSについて
▲ このページの先頭へ