古民家床下ホウ酸処理
昨日より着手しました村上市の築100年町家づくりの古民家。シロアリ対策で『ホウ酸処理』を実施しました。

エリアによってかなり食害されている部分と全く無い部分がありましたが、全体的にホウ酸を散布しました。土壌にも薬剤注入を行い対策します。
古民家床下地交換施工事例
築100年の町家づくりの古民家の床下地張替を着手しました。現在は空き家となっているお宅ですが、シロアリ害に相当やられており、今にも床が抜けそうな状態でした。畳の下地である根太と大引きが食害されており、大引きは折れているものも・・・ホウ酸処理を目的として、食害されている下地も併せて修繕致します。
赤身の杉にウッドロングエコ塗装の木塀
間もなくお引渡しの家『WAKURAS長期優良住宅』A様邸。今回はドッグランを兼ねた南庭を赤身の杉にウッドロングエコ塗装の木塀で囲いました。ソロとモミジを配し、建物正面にもモミジとアオダモを植えました。
畳コーナー施工事例
リビングの一角に設ける畳コーナー。その広さとカタチは様々ですが、今回はリビングの横に広がる畳スペースをご紹介します。リビングの横の3帖の大きさで畳を配した事例。スクエアな地窓にプリーツスクリーンで彩ります。建具で仕切るまでもなく、またコスト面も考慮しロールスクリーンで間仕切れるようになっております。チョット横になる時に非常に便利なスペース。
三条市二世帯住宅オープンハウス
土曜日から公開スタートしました三条市北入蔵二世帯住宅お客様の家見学会、この三連休はおかげさまで大盛況でした。中には魚沼から遠路はるばるお越し頂いた方も。二世帯住宅を検討されている方が多くご来場頂きました。二世帯住宅で建てる場合、家庭内のいろいろな問題があると思います。若夫婦との距離感、考え方、生活スタイルの違いなど多岐に渡り検討しないといけない部分があります。そもそも一緒に住む理由が大切な訳ですが…
人気の子供部屋のつくり方
間もなく竣工を迎える子育て世代の家WAKURAS。二階に計画した子供部屋のつくり方についてご紹介致します。同じ面積で対称に設計したプランで、入り口は横並びに計画しました。室内からは入口のドアと収納が対称に映ります。4.5帖ずつの子供部屋で、先ずはワンルームとして使っていきます。お子様の成長に合せて中央に間仕切り壁や建具で仕切り個室化します。その時を考慮し、コンセントの位置や照明器具のスイッチ配線も…
畳スペース施工事例
近頃の家づくりから消えつつある「和室」。昔は自宅で冠婚葬祭を行っていたので、来客が多くありました。従って8畳間あるいは10畳間が二間三間と続いて設けられてました。現在、セレモニーホールや結婚式場の普及が進み、自宅では冠婚葬祭を行わなくなりました。また人を呼ぶ生活スタイルが少なくなり、人と会う時はレストランやレジャーシーンと外で会うスタイルが多くなりました。
越後現代町家
住宅ローン控除・・・これは住宅ローンを利用して建てた場合の制度としては大きい恩恵です。ほとんどの方がこの控除を受けているかと思いますが、引越しした際その控除が受けられるのか?というところについてご説明します。弊社のオーナー様では聞いたことはございませんが、転勤のあるお仕事をされている方は注意が必要ですね。家を建てた瞬間に転勤命令・・・そんなケースたまに聞きます。
平成の大工棟梁検定実行委員会会議
今日から2月、早いですね~・・・と毎年言っておりますが、つい先日まで正月休みだったような感じですね。久々に東京へ出張です。平成の大工棟梁検定実行委員会の引き継ぎ会議です。昨年全国16ヵ所のポリテクカレッジ・ポリテクセンターで開催しましたこの平成の大工棟梁検定。私はこの実行委員長として昨年は活動させて頂きました。その引き継ぎを来年度の委員会へ行ってきました。
三条市北入蔵二世帯住宅見学会
2/9より三条市北入蔵「理想を実現したワンフロア独立型2世帯の家」お客様の家、只今公開に向け準備中です。内装が上がり、インテリア家具などをセッティングして、実生活のスタイルをつくっております。ダイニングでは丸テーブルとペンダントライトが印象的で空間の中心となっており、一日を通して明るい場所となっております。