住宅の省エネ性能の見える化がスタンダードになります

BELS-e1461405161385

いよいよきましたね。住宅の省エネ性能の見える化がスタンダードになります。

国土交通省はこの4月より建築物省エネルギー性能表示制度「BELS」の住宅版をスタートさせました。

ところでこのBELS(ベルス)とは何か?これは国交省による非住宅建築物にかかkる省エネルギー性能表示の為のガイドラインに基づき2014年より開始された制度で、建築物の省エネ性能に特化した日本初の統一された公的指標です。今まではは非住宅が対象でしたが、2020年の省エネ基準への適合義務化を見据えてこの4月より住宅版BELSがスタートしたとのことです。

これは住宅そのものや広告物などにラベルを掲示して省エネ性能を分かりやすくする表示のことだそうです。

分かりやすい「見える化」ですね。

日頃車でバックガラスに貼ってあるラベルを見かけますよね。これと同じ役割になります。

消費者が住宅を選ぶ際に基準の一つとして分かりやすく適切に評価できるように環境を整備することを目的としております。

このBELSは第三者機関により評価が行われ、省エネ基準に基づき設計時の省エネ性能について外皮性能及び一次エネルギー消費量の2つの指標で実施されます。

・・・なんか難しくなってきましたね。

外皮性能とは断熱材などの性能が評価され、外皮平均熱貫流率(Ua値)及び冷房期の平均日射熱取得率(ηac値)が基準レベルを満たしている場合に適合と表示されます。

この数値を表示するため、各メーカー・工務店が手掛ける建物の性能をアピールすることが可能となります。

性能は1~5つ★で表示され、シンプルで分かりやすい表示です。5つ星がMAXで高性能の証となります。

ちなみに弊社の標準仕様は現在3~4つ星となりそうです。これを今後4つ星以上に設定していきます。当然高性能になるので価格も上がります。



しかし!


ここからが大事です。



イニシャルコストが上がる、つまり建物コストが上がっても、ランニングコストが下がればどうでしょうか?

建築の際にほとんどの方が建物+土地+諸経費価格ばかりに目が行き、実際生活が始まってからのランニングコスト(光熱費等)を考えていない方が多いのが現状です。

建物価格が上がっても光熱費が下がれば良い訳で、結局家庭から出ていくお金(ランニングコスト)は変わらなければ良い、または下がれば良いということです。

イメージつきますか?

住宅ローンは借りた瞬間からランニングコストです。水道光熱費もランニングコストです。

その二つを合わせた額で家庭から支出するランニングコストを考えて下さい。

例えばサッシのグレードアップによるイニシャルコスト増で、月々2,000円住宅ローン支払いが増えたとします。

しかし、そのことで電気代が年平均月々2,000円(年間24,000円)安くなったらどうでしょう。家庭から出ていくランニングコストはどちらも同じです。

更に35年先迄考えたら・・・

将来のエネルギーコスト(電気・ガス・灯油等)の単価はいくらになるか分かりません。

だから建物の性能を上げておくのです。そうすれば不安定な将来のエネルギーコストに対応しやすくなるのです。

最近の事例でいうとオール電化の住宅で、当初予定していた建物性能比較で、月々1万円ローン支払いが上がりましたが、年間の電気代が※0円(相殺して)となるデータが出ました。
※電力単価に影響されるので必ずしも0円となる訳ではございません。

あとは水道代だけです。節水タイプの水栓を使用しているのでもちろん水道も安いです。
 
太陽光を載せて0円になる。あるいはプラス収支になる。そんな状況はよくあります。

要は考え方次第です。

まとめると、家庭から出ていくランニングコストに変わりがない、あるいは安くなるとしたら、建物性能を上げる方が将来的に良いということです。



ということで、今後の清新ハウスの建物は全棟この「BELS」表示を標準としていきます。

建築済の方も性能表示は行えるとのことですので、ご希望の方はお気軽にお尋ね下さい。
→お問合せ先 0250-24-4151

この「見える化」、性能重視の私にとって結構楽しみです。

BELSについて
▲ このページの先頭へ