ハイバックゴールデン高背金龍の難色

アロワナ
自称大型魚専科アクアリストの中村です。我が家のハイバックゴールデン高背金龍が難色示してます。まだ20センチ余りですが、いやいや病になっている様子。つい先日まではミルワームを食べたもののここ数日は全く食べてくれません。PHは良好なのですが・・・もちろん人口餌も口にしません。これからしばらくにらめっこが続きそうです。

このアロワナはどれだけいい色に上げていくかが醍醐味の熱帯魚ですが、その分餌にも慎重にならなければならないめんどうな魚です。水替えも1週間に1度は1/3位ずつ換え、水質も維持しなければならない手のかかるやつ。
20年前からアジアアロワナに興味を持ち飼ってきましたが、これで6代目位でしょうか。
紅尾金龍から始まり専らゴールデン色ばかりでしたが、いつか紅龍も飼ってみたいですね。
水槽を優雅に泳ぐその姿に癒されます。

さて、本日よりパンダのシャンシャンが一般公開されますね。先日ニュースを見ていたらパンダというのはかなりの経済効果があるようです。中国から1億でレンタル。死亡したら5000万円(過去事例)。それでも 日本にとっては重要な動物だそうです。中国と日本のパンダの歴史は長く、各国の友好関係に大きく影響をもたらしてきた事実もあるそうです。
TVはシャンシャン1色、これから上野は盛り上がりますね。

▲ このページの先頭へ