ニッチのある和室照明付き飾り棚
壁の厚みを利用したくぼみを「ニッチ」と言い、飾り棚や収納として活躍します。山谷町の家では花瓶やインテリア小物を飾って空間を演出する目的で、玄関にニッチを設けました。上部をR形状にしたり背面の壁仕上げの和紙にアクセントカラーをあしらったりといったちょっとした工夫で、印象に残るニッチになりました。今回は施工事例をご紹介しながら、ニッチの活用方法を考えてみたいと思います。
畳リビング三条市北入蔵の家
弊社の住宅は「自然素材の家」という売りがあり、無垢材を多々用い、日本人に親しみ馴染んできた木材をふんだんに使っています。木の材料の中でも「無垢材」ってなんなの?実際そうじゃないものと何が違うの?と思われる方もいらっしゃるでしょう。今日は無垢材についてフローリングを参考に内容を書いていきたいと思います。一般的なフローリングは複合フローリングと呼ばれ、基板となる合板の上に化粧板を張り付けたものです。そ…
空き家が気になったら読む本
全国的に増え続けている空き家ですが、新潟県でも年々増えており住宅の7軒に1軒が空き家に。その一方で世帯数は減少しているため、家はどんどん余っていくという悪循環が生まれています。こちらは新潟県土木部都市局都市政策課が発行した『空き家が気になったら読む本』。本のタイトルからも分かる通り、空き家に関して問題を抱えている方に向けてのパンフレットです。
江南区横越の家I様邸、長期優良住宅WAKURAS 防湿コン
江南区横越の家、長期優良住宅WAKURASの新築工事についてですが、現在防湿コンクリートの打設を行っています。防湿コンクリートが打ち終わり、周囲の整地が終わると、基礎業者の作業は完了となります。今回は基礎のコンクリート打設時に必要なミキサー車について触れたいと思います。現代建築に欠かすことのできない代表的な建築資材の1つにコンクリートが挙げられますが、大規模な建築現場では現場でコンクリートを練りあ…
角地に家を建てるメリット
久しぶりに気温が上がり夏が戻ってきたようだった昨日、これから設計が始まるお住まいの敷地環境調査を行いました。今回の調査地は「角地」という敷地の2面が道路に接している土地です。角地は2方向が開放されている為、採光や通風の面で有利になるメリットがあります。
秋葉区I様邸 木塀作り替え工事
現在秋葉区にて和風木塀の造り替え工事を行っております。元々あった木塀が劣化し朽ちています。木という事もありますが、昔につくられたものですので耐水・防腐などの仕上げも行っていなかった可能性もあります。今回はこの和風木塀と同様のものを制作し、元の位置に作り替えるという工事内容になります。思い入れのあるものを同様に作り直すという事で、それぞれの配置や形状・寸法など細かくチェックし、採寸していきます。
和室施工事例
家は3回建てないと満足できないといわれますが、実際に建てた人が「失敗したな」と思うのはどんなことなのでしょうか?ある調査の結果、ダントツで多かったのがコンセントの数・配置です。必要な場所に必要な数のコンセントを設けるには、まず使う家電をリストアップしてどこに置くか決めるとよいでしょう。また照明のスイッチは生活動線に沿って設置すると便利なので、一日の行動を書き出してみましょう。こういった実際の生活の…
江南区横越の家I様邸、長期優良住宅WAKURAS 立上りコンクリート打設
江南区横越の家、長期優良住宅WAKURASの新築工事について前回の内容では配筋検査について触れました。今回はその後の、立上りのコンクリート打設について触れたいと思います。練られた直後のコンクリートは、大きさの異なる砂や砂利、セメント、水、気泡など全く異質なものの混合物で、それらの物質どうしは摩擦力により一応の形は形成していますが、実は他の物質と混ざり合うことに抵抗しています。この状態ですと物質と物…
畳リビング新潟市秋葉区山谷町オープンハウス
清新ハウスではシルバーウィーク中もオープンハウスを開催しております!ご家族で自然素材の家を体感してみませんか?住まいづくりを始める前に自然素材の家の住み心地やメリット・デメリットを知ってもらいたい、というのが私たちの思いです。是非オープンハウスでご体感して頂ければと思います。
0058_original3
家の外観は外壁の素材や色、窓の大きさなどで印象が変わりますが、「屋根の形状」も家の外観を左右するポイントです。屋根の形状には切妻・片流れ・寄棟など様々な種類があり、どの形状でも「軒を出すか・出さないか」のどちらかを選ぶことができます。実は当社では基本的に「軒を出す設計」を行っています。その理由は、軒を出した方が建物と室内環境が良い状態に保つことができるからです。
江南区横越の家I様邸、長期優良住宅WAKURAS 配筋検査
先日から江南区横越の家、長期優良住宅WAKURASの基礎工事の紹介をさせて頂いています。この前の記事では基礎の内容を紹介させて頂きましたが、本日は配筋検査について書かせて頂きます。基礎工事において仕上がりの美しさも大事な要素ですが、耐久性を確保するための鉄筋が適正に設置されているかは重要度の高いです。配筋検査での主なチェックポイントは、基礎に図面通りに鉄筋が配置されているかを確認します。
江南区横越の家I様邸、長期優良住宅WAKURAS 基礎工事江南区横越の家I様邸、長期優良住宅WAKURAS 基礎工事
江南区横越の家、長期優良住宅WAKURASの新築工事が着工し、数週間経ちました。先日、基礎工事を始めるあたっての「遣り方」という作業とその重要性について触れさせていただきました。遣り方が終わるといよいよ基礎工事に入っていきます。今日はこの基礎工事(前半)について説明します。まず最初に基礎を施工する場所の土を掘削し周囲に出したり、不必要分を撤去していきます。施工するスペースを重機で掘っていきながら、…