こんにちは 清新ハウス田中です。

正月に近づいていくにつれて、餅の事を考えるようになります。

私は普段はあまりお餅を食べないので、主に正月にお餅を食べます。

皆さんはどんなおもちの食べ方をされますか?

お雑煮やぜんざいは基本として、焼き餅に何をつけるかは、それぞれの家の習慣や好みが出るものですよね。

醤油・砂糖醤油・きなこ・納豆などが人気みたいですね。

私は少し特殊なのですが、砂糖のみをつけて食べます。

焼いた餅を二つに割り、内側のくっつく面に砂糖をつけて食べます。

人に話すと珍しがられますが、個人的には甘いものが好きな方にはお勧めです!

IMG_6647-e1577504116721

さて、先日メンテナンスに伺ったお宅でのお話です。

こちらのお住まいでフローリング材が乾燥によって痩せてしまい、敷居との間に1~2mmほどの隙間が発生しておりました。

また、その浮いた部分を踏んで敷居に割れが入ってしまいました。

IMG_6745-e1577504141229

まず、床が傷つかないよう・床に接着剤がつかないように養生をしっかりと行います。

次に踏んで敷居が下がって折れてしまう事を避けるために、隙間にスペーサーを入れていきます。

今回は隙間が小さかった為、木材を削り、入れ込んでいきました。

敷居 補修工事1

隙間を埋めた後、正面から木工ボンドを入れていきます。

へらを使い、中に押しこみながら、飛び出しているボンドを綺麗にとっていきます。

この工程によって、見た目の綺麗さが大きく変わってくるので大事な作業になります。

敷居 補修工事2

その後、養生を外し、敷居表面の割れの補修を行います。

割れ部分に木パテを入れ込み、割れを目立たなくすると同時に隙間を埋めます。

その後、敷居表面をサンドペーパーで削り、平らにしていきます。

手で触って毛羽立ちや、段差がないことを確認します。

無垢フローリングと敷居のメンテナンス

その後床材に塗っている自然素材であるキヌカを塗って全工程の終了となります。

最初はサンドペーパーをかけた部分の色が薄くなっておりますが、時間が経ち、生活していくことで周りの色と同化していきます。


長く住み続ける家だからこそ、丁寧に、そして綺麗に補修を行っていくことが大切です。

何か気になる点があれば、お気軽にご相談ください。




【清新ハウス】

新潟県新潟市秋葉区福島167-2 
お客様専用ダイヤル0120-395-047
イベント情報 https://www.seishinhouse.com/event
Facebook https://www.facebook.com/seishinhouse/
Instagram https://www.instagram.com/seishin_house/

【街の屋根やさん新潟店】
屋根工事専門店
http://machiyane-niigata.com/
お客様専用ダイヤル0800-888-4151

Facebook・Instagramでホットな最新情報配信中。
Houzzに登録中の新潟市秋葉区, 新潟県, JPのseishinhouse