予報通り気温が下がり みぞれまじりの雨が降ってきましたね
㈱清新ハウスの村山です。
築約27年のオーナー様宅
瓦屋根の谷の銅板部分
先日の晴れ間をねらって 修繕工事をさせていただきました。
人間の体 同様 家も定期的なメンテナンスが必要です。




DSCN1690
                         谷部分の銅板
DSCN1691
                           銅板に穴があいていました
DSCN1694
                         新しくステンレス板に交換しました
P1160016
                    話しは変わりますが 瓦屋根の場合 強風を伴う雨の時は
                  瓦下に雨が吹き込み 瓦桟をとめる釘が屋根垂木を外れていると
                  その部分より漏水する事例があります。
                  その事例をふまえて 弊社で瓦屋根を施工する場合
                  2重に木材をつけて 雨が吹き込んでもルーフィング上を流れて
                  外へ出ていく仕組み、また瓦を止める釘がルーフィングを貫通しない
                  施工を行っています。
                  雨が万が一 入っても でていく仕組みが重要です。