清新ハウス 小林です!

久しぶりに綺麗な青空が広がっている新潟市。
この貴重な晴れの日を有効に使わなければ!と、午前中に江南区横越の旗竿地の家にて完成写真を撮影してきました。

こちらの住まいは国の補助金事業「地域型住宅グリーン化事業」の長寿命型(長期優良住宅)枠で補助金を申請しています。
工事が完了した際に提出する実績報告書には、完成写真を添付し申請した土地に申請通りの建物が完成したことを証明しなければいけません。


旗竿地日当たりメリットデメリット新潟自然素材新築住宅新潟市江南区オープンハウス

写真撮影したのは10:30頃。東南からの太陽の光によって隣家の影が建物にかかっていますが、隣家と隣家と間から入る光によって室内の日当たりは確保できています。

以前のブログでもご紹介していますが、こちらの旗竿地の家は敷地の境界線に対して建物を斜めに配置することによって、旗竿地の「日当たりと風通しが確保しにくい」というデメリットをクリアしています。
隣家との離れを適度にとりつつ隣家と隣家の間から光を取り込み、空いた台形のスペースを駐車スペースや庭として活用することができます。


模型大工造作工事杉無垢材新潟市江南区横越旗竿地の家自然素材

では、敷地境界線に対して平行に建物を配置した場合どのようなことが起こるでしょうか?

例えば、東側(上の写真右側)の境界側に寄せて平行に建物を配置したら。
西側(上の写真左側)に余裕が生まれるので西面の部屋の日当たりは良いかもしれませんが、他の方角に面する部屋の日当たりはあまり望めません。

また、車も縦列駐車になるので、少し不便を感じることになるでしょう。


旗竿地日当たりメリットデメリット新潟自然素材新築住宅

旗竿地は手前が細長い通路でその奥にまとまった敷地ある形状のため、上の図のように周囲を隣家に囲まれてしまいます。
インターネットで調べると「旗竿地=日当たりが悪い」ということがどのページにも書かれており、そこが不安で旗竿地を選択肢から外しているという方も多いと思います。

しかし、ご紹介したように、

●建物の配置を工夫する
●吹き抜けをつくる
●2階リビングにする
●窓の配置を工夫する

など、設計上の工夫によって日当たりの悪さは解決することができます。

旗竿地は、周囲の土地相場よりも安いという最大のメリットがあります。
日当たりだけがネックだったという方は、今回のブログを読んで「旗竿地でもいいかも!」と思って頂けましたでしょうか?

旗竿地の住まいが気になるという方は、現在開催中のオープンハウスに是非ご来場ください!
ご来場の際は「本当に日当たりに問題がないのか」を、ご自身の目で確かめてみてくださいね。



新潟市江南区完成見学会OPENHOUSE
\ご予約受付中!/
旗竿地でのびのび暮らす
「いからしさん家」
OPEN HOUSE

会期:2021年1月23日(土)~2月7日(日)
場所:新潟市江南区横越川根町

★詳細・ご予約は










【清新ハウス】

新潟県新潟市秋葉区福島167-2 
お客様専用ダイヤル0120-395-047
イベント情報 https://www.seishinhouse.com/event
Facebook https://www.facebook.com/seishinhouse/
Instagram https://www.instagram.com/seishin_house/


【街の屋根やさん新潟店】
屋根工事専門店
http://machiyane-niigata.com/
お客様専用ダイヤル0800-888-4151

Facebook・Instagramでホットな最新情報配信中。
Houzzに登録中の新潟市秋葉区, 新潟県, JPのseishinhouse