清新ハウス 小林です。

前回のブログでは、「再建築不可物件」についてご紹介しました。
接道義務を果たしていないために建て替えができないものが再建築不可物件ですが、今回は再建築を可能にするための方法を見ていきましょう。


隣地の一部を購入する

再建築不可物件土地不動産相続接道義務建築基準法道路

Aのような旗竿地やCのような囲繞地の場合は、隣地の一部を購入して接道義務をクリアできれば再建築が可能になります。

譲ってほしい部分に建物や付属物などがある場合は難しいですが、空地のようになっていて道路として使用しても問題なさそうな場合は、隣地の所有者に土地を分筆してもらえないか相談してみましょう。


再建築不可物件土地不動産相続接道義務建築基準法道路43条但し書き許可

例えば、建築基準法上の道路と接している部分が1.5mしかない旗竿地の場合。
道路側の隣地を0.5m分購入すれば、接道義務の条件である2m以上をクリアできます。


43条但し書き道路の申請を行う


再建築が可能になるもう一つの方法が、「43条但し書き道路」の申請を行う方法です。

建築基準法の第43条には、「建築物の敷地は、道路に2m以上接しなければならない。ただし、その敷地の周囲に広い空地を有する建築物で、特定行政庁が交通上、安全上、防火上及び衛生上支障がないと認めて建築審査会の同意を得て許可したものについては、この限りではない。」と定められており、この道路を43条但し書き道路といいます。

●敷地の周りに公園・緑地・広場などの広い空地がある。
●火災や災害時に消防が侵入し消火活動・救助活動をすることができる。

この条件を満たし、建築審査会の同意を得ることができれば、再建築不可物件を建て替えることができます。

しかし、申請を行えば必ず許可がもらえるというわけではないので、所在地の区役所などにある担当窓口に事前に相談をしましょう。

★新潟市で43条但し書き道路の申請をする場合



長岡市宮関の家『WAKURAS』二世帯改築工事長期優良住宅パース

\長岡市で二世帯住宅を建築中!/
★住宅街にある狭小地
★部分共有型 三世代同居型 二世帯住宅
★長期優良住宅認定住宅
★耐震等級2
★第1種高度地区・北側斜線
★スロープのあるアプローチ

施工状況は→こちら



seishinhouseline202011
清新ハウス LINE公式アカウントを開設しました!
最新のイベント・見学会情報や、住まいづくりのお役立ち情報などを配信予定です。
下記URLよりお友達登録をお願いします^^

★登録はこちら






【清新ハウス】

新潟県新潟市秋葉区福島167-2 
お客様専用ダイヤル0120-395-047
イベント情報 https://www.seishinhouse.com/event
Facebook https://www.facebook.com/seishinhouse/
Instagram https://www.instagram.com/seishin_house/


【街の屋根やさん新潟店】
屋根工事専門店
http://machiyane-niigata.com/
お客様専用ダイヤル0800-888-4151

Facebook・Instagramでホットな最新情報配信中。
Houzzに登録中の新潟市秋葉区, 新潟県, JPのseishinhouse