清新ハウス 小林です。

みなさんは自分がどのくらいの物を所有しているか把握していますか?またどのくらいのスペースがあればそれらの物を収めることができると思いますか?

普段はあまり考える機会がないかもしれませんが、住まいづくりを始めると「どのくらいの収納スペースが必要ですか?」と建築会社の方から質問されることがあるかと思います。

必要最小限のもので暮らし、むやみに物を増やさないというのが理想かもしれません。しかし、このコロナ禍を経験して、災害や非常時のためのストックをしておくことが、これからの時代は必要不可欠だと感じた方も多いのではないでしょうか。

それらのストックを収納するスペースを確保することが、これからの住まいには求められるように思います。


下屋裏収納小屋裏収納階段2Fホール整理整頓片付けやすい家新潟自然素材

小屋裏収納は収納スペースの代表格。一般的に本屋根(2階建て部分の屋根)の小屋裏部分を収納スペースとして利用し、造付け階段やはしごなどで昇り降りするものです。(上の写真は2階ホールから使うことができる、はしご式の小屋裏収納です)

小屋裏空間を有効活用し大容量の収納スペースを確保できるメリットがありますが、はしご式の場合は少し物の出し入れがしづらいという難点が。大きな物や重い物は収納が難しい場合もあります。


物の出し入れがしやすい「下屋裏収納」

下屋裏収納小屋裏収納階段2Fホール整理整頓片付けやすい家新潟自然素材

そこで今回ご紹介するのは、「下屋裏収納」
小屋裏収納の一種ではありますが、本屋根ではなく下屋根(1階建て部分の屋根)の小屋裏空間を利用した収納スペースです。

上の写真は実際に下屋裏収納を設けたお住まいの模型。左側の下屋よりも、下屋裏収納のある右側の下屋の方が背が高くなっていますよね。右側の下屋は2階ホールに面していて、そこから壁から物を出し入れできるように設計してあります。


下屋裏収納小屋裏収納階段2Fホール整理整頓片付けやすい家新潟自然素材

下屋裏収納の中から2階ホール側を撮った写真です。小屋裏空間を利用した部分は天井高さが1.4Mを超えると床面積に含まれるため、一番高い部分で約1Mに高さを抑えています。

下屋裏収納と2階ホールの間には段差が無いため、物の出し入れがしやすいのが下屋裏収納のメリット。重い物や使用頻度が高めのストック品を収納しても、すぐに取り出すことができます。


下屋裏収納小屋裏収納階段2Fホール整理整頓片付けやすい家新潟自然素材

建物の設計次第で主寝室や他の居室から使えるように下屋裏収納を設けることも可能ですが、日用品ストックや避難用具など家族みんなが使うものを収納する場合は、こちらのお住まいの様に2階ホールなどの共有スペースから使えるようにした方が良いと思います。

小屋裏収納を設けるためには間取りや屋根の掛け方を予め検討する必要がありますので、自分の家にも取り入れたいという方は、建物の設計前に早めに相談しましょう。



seishinhouseline202011
清新ハウス LINE公式アカウントを開設しました!
最新のイベント・見学会情報や、住まいづくりのお役立ち情報などを配信予定です。
下記URLよりお友達登録をお願いします^^

★登録はこちら






【清新ハウス】

新潟県新潟市秋葉区福島167-2 
お客様専用ダイヤル0120-395-047
イベント情報 https://www.seishinhouse.com/event
Facebook https://www.facebook.com/seishinhouse/
Instagram https://www.instagram.com/seishin_house/


【街の屋根やさん新潟店】
屋根工事専門店
http://machiyane-niigata.com/
お客様専用ダイヤル0800-888-4151

Facebook・Instagramでホットな最新情報配信中。
Houzzに登録中の新潟市秋葉区, 新潟県, JPのseishinhouse