清新ハウス 小林です。

新潟市江南区の旗竿地で建築中の横越の家。
大工さんによる造作工事が佳境に入り、和室の鴨居敷居や造り付け家具など細かい部分の造作が進んでいます。


新潟市江南区横越の家ポーチ外壁杉板張りAPW330真空トリプルガラス窓

外壁材も張られ、外観の雰囲気も出てきました。
ポーチの外壁には杉の無垢板を。仕事に向かう時や帰ってきた時に、この柔らかい杉の表情が出迎えてくれると癒されそうですよね。


さて、本日のブログでは横越の家の窓に注目します。上の写真でも右側に横辷り出し窓(窓枠の左右にあるレールに沿って窓が開閉する窓。外側に開く。)が写っていますね。

横越の家では窓の仕様をグレードアップしています。
今回は、YKK AP製の「APW330 真空トリプルガラス仕様」という窓を採用しました。

YKK APのAPWシリーズの窓にはいくつか種類がありますが、現在 当社で採用率の高いのがAPW330。樹脂製の窓枠とLOW-E複層ガラス(2枚のガラス)がAPW330の通常の構成になりますが、その特別仕様である「真空トリプルガラス仕様」は、ガラスの枚数が2枚ではなく3枚でガラスの間に「真空層」が含まれているという、ちょっと珍しい仕組みの窓なのです。


APW330真空トリプルガラス窓断熱性能構造比較APW430

上の写真は、APW330真空トリプルガラス仕様の構成図。
1枚目と2枚目のガラスの間は大きめの層がありアルゴンガスが封入されていますが、もう一方の層は2厚さ0.2mmの「真空層」になっています。

この「真空」とは、保存食やレトルト食品などでよく聞く「真空パック」と同じ意味合いで、空気を抜いた状態の事。空気がない真空の状態では対流による熱の移動が起こらないため、真空層があることで断熱性能がアップするのです。

ガラス上方の真空層を作るための保護キャップとガラス全面に等間隔でドットのスペーサーがあるのも、真空トリプルガラスの特徴です。


APW330真空トリプルガラス窓断熱性能構造比較APW430

熱の伝わりやすさを表す「熱貫流率」を比較してみます。
APW330の真空トリプルガラス仕様と通常仕様のペアガラスに加え、2層ある中空層どちらにもアルゴンガスが封入されているAPW430の3つの窓を比べます。

<熱貫流率の比較>
縦辷り+FIX連想窓の場合

●APW330 ペアガラス(通常仕様)
1.31W/㎡・K

●APW330 真空トリプルガラス仕様
0.99W/㎡・K

●APW430 トリプルガラス
0.90W/㎡・K

熱貫流率は数値が小さいほど熱が伝わりにくいことを表しますが、真空トリプルガラスは通常仕様のペアガラスよりも0.41W/㎡・K数値が小さく、断熱性能が高いことが分かりますよね。

また、比較対象に加えたAPW430は、APW330真空トリプルガラス仕様が発売された1年ほど後に発表された製品。ガラスの枚数は一緒で、アルゴンガスが入った中空層が2層あるところに違いがありますが、熱貫流率の向上は0.09W/㎡・Kと僅かな差なんですよね。

APW430には断熱性能の他にも改良点は多々ありますが、製品価格も高くなります。APW330真空トリプルガラス仕様とAPW430で迷われた場合は、何を優先するか・費用対効果も考えて選んだ方がよいかもしれません。


APW330真空トリプルガラス窓断熱性能構造比較APW430

当社で初めてAPW330真空トリプルガラス仕様を採用したのが、土間コートの家。当初はまだ製品が出始めたころで物珍しさがありましたが、今では採用されることも多くなってきました。

窓は家で最も熱が逃げる場所。家全体の断熱性能を上げたいという方は、窓選びは慎重に行いましょう。



seishinhouseline202011
清新ハウス LINE公式アカウントを開設しました!
最新のイベント・見学会情報や、住まいづくりのお役立ち情報などを配信予定です。
下記URLよりお友達登録をお願いします^^

★登録はこちら






【清新ハウス】

新潟県新潟市秋葉区福島167-2 
お客様専用ダイヤル0120-395-047
イベント情報 https://www.seishinhouse.com/event
Facebook https://www.facebook.com/seishinhouse/
Instagram https://www.instagram.com/seishin_house/

【街の屋根やさん新潟店】
屋根工事専門店
http://machiyane-niigata.com/
お客様専用ダイヤル0800-888-4151

Facebook・Instagramでホットな最新情報配信中。
Houzzに登録中の新潟市秋葉区, 新潟県, JPのseishinhouse