清新ハウス 小林です!

「屋根勾配」とは屋根の傾きの度合いを表す建築用語ですが、自分の住む家やご近所の家の屋根勾配がどのくらいなのかと気にすることはあまりないかもしれません。
しかし、屋根勾配の検討を疎かにすると雨漏りや風当りなどの原因となり、屋根の性能を低下させてしまう可能性があります。

今回は屋根勾配の表記の仕方と、屋根材ごとの最低勾配について見ていきましょう。


屋根勾配の表し方

屋根勾配金属屋根瓦屋根縦葺き横葺き

屋根勾配の表し方には「尺貫表記」「分数表記」「角度表記」の3つがありますが、建築業界では「尺貫表記」で表すことが最も多いです。

「尺貫表記」とは水平距離10寸に対して垂直距離が何寸あるかで表記する方法です。
上の図では2寸・3寸・4寸の勾配を表しましたが、1寸違うだけで見た目の印象も結構変わりますよね。

また、3寸勾配未満の傾斜の緩い屋根を「緩勾配屋根」、3~5寸勾配の屋根を「並勾配屋根」、6寸以上の傾斜の急な屋根を「急勾配屋根」と呼ばれています。

※寸・尺は尺貫法による長さの単位。1寸=30.303mm 1尺=303.03mm


金属屋根 縦葺き

屋根勾配金属屋根瓦屋根縦葺き横葺き

縦葺きとは雨の流れる方向に屋根材を葺く工法。軒先と屋根材のラインが垂直なります。
ガルバリウム鋼板などの金属材を使用した縦葺き屋根の最低勾配は0.5寸勾配とされています。しかし、緩勾配になるほど雨が流れにくくなり雨漏りのリスクが高くなりますので、緩勾配にする場合は正しい施工をすることが必須となります。


金属屋根 横葺き

屋根勾配金属屋根瓦屋根縦葺き横葺き

横葺きは軒先と並行に屋根材を葺く工法で、最低勾配は3寸以上。3寸未満の緩勾配屋根で横葺きにしてしまうと、雨水がうまく流れず屋根材同士の継ぎ目から雨水が侵入し、雨漏りが発生してしまう可能性があります。


瓦屋根

屋根勾配金属屋根瓦屋根縦葺き横葺き

瓦屋根の最低勾配は4寸で、屋根材の中で最も勾配を急にしなければならない材料です。
つまり、4寸以上の勾配であればどの屋根材でも施工することが可能ということになります。


このように屋根材による最低勾配は決まっていますが、屋根勾配は外観デザインにも関わってきますので慎重に決めたいものです。
家を建てる際に作成する設計図書の中では、立面図と矩計図(かなばかりず)に屋根勾配が表記されていますので、住まいづくりの際は図面で屋根勾配のチェックも忘れずにしてくださいね。


秋葉区見学会
\まもなく終了です!/
ゆとりと生活動線に拘った
20代で建てる自然素材の家
OPEN HOUSE

場所:新潟市秋葉区山谷町1丁目13-32

★ご予約・詳細は






【清新ハウス】

新潟県新潟市秋葉区福島167-2 
お客様専用ダイヤル0120-395-047
イベント情報 https://www.seishinhouse.com/event
Facebook https://www.facebook.com/seishinhouse/
Instagram https://www.instagram.com/seishin_house/

【街の屋根やさん新潟店】
屋根工事専門店
http://machiyane-niigata.com/
お客様専用ダイヤル0800-888-4151

Facebook・Instagramでホットな最新情報配信中。
Houzzに登録中の新潟市秋葉区, 新潟県, JPのseishinhouse