清新ハウス 小林です!

私たちがご提案している自然素材の住まいには、いたるところに木材が使用されています。

家の中に入りパッと見ただけでもたくさんの木部が目に入ってくると思いますが、それぞれの木材の違いについて気にされたことはありますか?

今回は木材の種類の中でもよく使用する「無垢材」「集成材」「突き板」についてご紹介します。


無垢材

無垢材集成材突板の違い自然素材杉

1本の木から切り出され、材同士を繋げたり他の材を張り足したりされていないものを「無垢材」と言います。
無垢材のメリットは木本来の木目や節などを楽しむことができるところ。また、傷が付いた場合に補修がしやすいのも無垢材の良い所で、傷ついた部分をやすりで削れば綺麗な木目が表れます。

当社では、土台・柱・梁などの構造材や床・壁・天井などの仕上げ材に使用しています。


集成材

無垢材集成材突板の違い自然素材杉

「集成材」は無垢材を小さくカットしたものを繋ぎ合わせて一枚の板として再構成したもの。
繋ぎ合わせる際に木材が選別されているので品質と強度が安定しており、加工もしやすいのが特徴です。

当社では造作家具や建具枠に使用したり、応力負荷の掛かる梁の高さ(梁成)を抑えるために構造用集成材を使用する場合があります。


突き板

無垢材集成材突板の違い自然素材杉

「突き板」は丸太を薄くスライスしたもの。
上の写真の様に基材となるベニヤ合板などに貼り合わせたり、フラッシュ構造の表面材として張るなどして使用されます。表面だけをみると無垢材と変わらないようですが、断面を見るとその違いが分かりますよね。

当社では造り付け建具や真壁和室の天井に使用することが多いです。


無垢材集成材突板の違い自然素材杉

現在オープンハウスを開催している秋葉区山谷町の家のLDKを例に、それぞれの場所にどの木材が使用されているか書き加えてみました。木目の感じや板の断面を見ると見分けやすいと思います。

1本の木から切り出した無垢材が一番良いと思われがちですが、もちろん無垢材にもデメリット(ひずみ・反り・価格など)があります。そのデメリットを補うために他の木材が存在していますので、使用する場所や予算に応じて適材適所で材料を選んでいきましょう。


中央区長潟SAKURAと秋葉区山谷町お客様家公開
OPEN HOUSE
2棟同時開催!
★ご予約・詳細は






【清新ハウス】

新潟県新潟市秋葉区福島167-2 
お客様専用ダイヤル0120-395-047
イベント情報 https://www.seishinhouse.com/event
Facebook https://www.facebook.com/seishinhouse/
Instagram https://www.instagram.com/seishin_house/


【街の屋根やさん新潟店】
屋根工事専門店
http://machiyane-niigata.com/
お客様専用ダイヤル0800-888-4151

Facebook・Instagramでホットな最新情報配信中。
Houzzに登録中の新潟市秋葉区, 新潟県, JPのseishinhouse