現在、新潟市秋葉区小須戸でキッチンの改修工事を行っております。

先日の記事で床の施工写真までお見せ出来ていたと思います。

また、キッチンの改修の際に気を付けるべきこと・話すべきことについて内容を書かせて頂きました。

今日は施工写真と共に、もう少し建築寄りの目線でキッチンの話をしていきたいと思います。
新潟市秋葉区小須戸でキッチン改修工事

まず考えなくてはならないこととして挙げられるのが「キッチン内の動線」です。

動線が悪いと使い勝手が悪く、効率的に家事を行うことが出来ません。

調理の流れを考えると、冷蔵庫から食材を取り出し、洗って、刻んで、加熱調理して、配膳するという一連の流れになります。

また食事後は食器を下げて、食器を洗い、食器棚に戻すという流れです。

つまり、右利きの人の場合は、冷蔵庫、シンク、調理台、コンロを右回りに配置するのが基本となります。左利きの人は左回りに配置するとよいでしょう。

新潟市秋葉区小須戸でキッチン改修工事

一つの動線の組み立て方として、コンロ、シンク、冷蔵庫の3点を結ぶ三角形の辺の合計が510cmだと快適な作業が出来るレイアウトになります。

リフォームの際には意識するとよいでしょう。

また、冷蔵庫はキッチンの入り口付近に配置するか、それともキッチンの奥に配置するか、どちらが良いでしょうか。

使いやすいキッチンにするためには、キッチンの入口付近に配置するのが基本的な考え方です。

冷蔵庫が奥にあると、誰かが冷蔵庫にモノを取りに来た際にキッチンの中を通らなければなりません。

料理をしている最中ですと、どうしてもキッチンが混雑してしまいます。

キッチンにいる人とキッチンに来る人の動線ができるだけ重ならないようにするためにも、冷蔵庫は入口に配置するのが基本になります。

新潟市秋葉区小須戸でキッチン改修工事

キッチンの寸法で特に気を付けたほうがよい点として、「キッチンの高さ」と「通路幅」があります。

最近のシステムキッチンは高さも選ぶことができるので、自分に合ったキッチンを選ぶようにしましょう。

キッチンの高さと通路幅のそれぞれの目安としては以下のようになります。

キッチンの高さ=「(最も調理する人の) 身長÷2+5 cm(※160cmの場合は160÷2+5=85cmが目安)」

通路幅(1人利用の場合)=90cm~110cm

通路幅(2人利用の場合)=120cm以上

など、キッチンには細かな考慮すべき点があります。

他にもキッチンに設置する手洗い器や食洗機、IHクッキングヒーターを用いるのか、ガスなのか等考慮すべき点は多々あります。

是非、改修する際はキッチンについていろいろと調べてみることをお勧め致します。






【清新ハウス】

新潟県新潟市秋葉区福島167-2 
お客様専用ダイヤル0120-395-047
イベント情報 https://www.seishinhouse.com/event
Facebook https://www.facebook.com/seishinhouse/
Instagram https://www.instagram.com/seishin_house/


【街の屋根やさん新潟店】
屋根工事専門店
http://machiyane-niigata.com/
お客様専用ダイヤル0800-888-4151

Facebook・Instagramでホットな最新情報配信中。
Houzzに登録中の新潟市秋葉区, 新潟県, JPのseishinhouse