清新ハウス 小林です!

涼しいを通り越して寒かった昨日、早くもフリースに手を出してしまいました・・・こんなことで冬本番はどうなることやらと毎年思っているような気がしますが、意外となんとかなるものです。今週末は後回しになっていた衣替えをしてクローゼットも冬仕様にしたいと思います!


つい最近まで冷房を稼働していたエアコンも、洗濯物を乾かすために暖房をつけるようになりました。これから寒くなると暖房や給湯のために一次エネルギーをたくさん消費してしまいます。

家で消費するエネルギーをできるだけ少なくするためには、家の省エネ性能を高めなければいけません。

●自分の家の省エネ性能はどのくらいか?
●どうしたら省エネ性能を高めることができるのか?

と訊かれたときに、皆さんは答えることができますか?おそらく答えられる方は少数だと思いますが、答えられないのは当然。なぜなら「家を建てる時に建築会社からお客様に対して省エネ性能の説明が無い」というケースの方がまだ多いからです。

省エネ性能説明義務制度
来年の4月から「省エネ性能の説明義務制度」がスタートします。

この制度は、家を設計した建築士からお客様に“家の省エネ性能を説明することを義務化”するもの。建築会社はもちろん、お客様自身も自分の家の省エネ性能に関心を持って頂き、家で消費するエネルギーを削減することの大切さを広めることが、この義務化の目的です。

この制度をきっかけに、私たち建築会社も家の省エネに関する知識と技術の習得に さらに貪欲にならなければと思います。

BELS新潟市秋葉区高断熱仕様自然素材の家長期優良住宅
清新ハウスは新築住宅全棟に対して、建築物消費エネルギー表示制度「BELS」の評価書を取得しています。

BELSを取得するためには外皮性能計算と一次エネルギー消費量計算をする必要があります。現在は代行で計算を行ってくれる会社もたくさん存在しますが、当社はこれらの計算も全て自社で行っています。
自社で行うことで省エネに関するデータが蓄積され、そのデータが性能をさらに上げるための材料になります。屋根断熱材を厚みを厚くしたら・窓を樹脂トリプルにしたら・エアコンを省エネ性能の高いものにしたら・・・など、仕様を一部変えた時にどのくらい性能が上がるかなどを検討しながらすぐに計算することができるため、お客様の要望・予算を考慮しながらタイムラグなく建物の設計に反映することができるのです。

あと半年で省エネ性能の説明義務制度が始まります。それまでにお客様が理解しやすいような書面を準備して万全の体制でその時を迎えたいと思います!

【説明義務制度の概要】
●対象:300㎡未満の原則全ての住宅・非住宅(戸建住宅や小規模店舗等が対象)
●説明者:建築士が建築主に説明
●説明内容
①省エネ基準への適否
②(省エネ基準に適合しない場合)省エネ性能確保のための措置
●説明方法:書面
秋葉区見学会
ゆとりと生活動線に拘った
20代で建てる自然素材の家
OPEN HOUSE
【長期優良住宅・若蔵】

日時:2020年8月29日(土)~
場所:新潟市秋葉区山谷町1丁目13-32

★ご予約・詳細は






【清新ハウス】

新潟県新潟市秋葉区福島167-2 
お客様専用ダイヤル0120-395-047
イベント情報 https://www.seishinhouse.com/event
Facebook https://www.facebook.com/seishinhouse/
Instagram https://www.instagram.com/seishin_house/


【街の屋根やさん新潟店】
屋根工事専門店
http://machiyane-niigata.com/
お客様専用ダイヤル0800-888-4151

Facebook・Instagramでホットな最新情報配信中。
Houzzに登録中の新潟市秋葉区, 新潟県, JPのseishinhouse