清新ハウス 小林です!

私たちの事務所ではスマートスピーカーのEchoでラジオのFM PORTを流しています。そのFM PORTの停波・閉局まで遂に1ヶ月を切ってしまいました。泣 FM新潟よりもFM PORT派だった私にとって、この停波の発表は本当にショックなニュースでした。7月からは79.0MHzに合わせても何も流れてこないというのがまだ信じられませんが、残りの放送を大事に聴いていこうと思っています。


さて、本日は「リフォームとリノベーションの違い」をテーマに、施工事例なども含めてお話ししていきたいと思います。

この2つはどちらとも「家の状態を良くすること」であるのは間違いありませんが、具体的にどのような違いがあるのかご存じでしょうか?リフォームとリノベーションを検討されている方の中には「自分がやろうとしていることはリフォームなのか、リノベーションなのか」と疑問を持たれている方もいらっしゃると思います。

リフォームは、老朽化した部分を新築当時の状態に戻す・近づけるために行う工事です。
例えば、汚れた壁紙を張り替えたり、古くなったトイレを取り換えたりする工事がリフォームにあたります。部分的な修繕工事になるため費用・工期ともに抑えることができます。
「今住んでいる住まいに不満はないけど、部分的に少し手を加えてより良い状態にしたい」という方に向いているのがリフォームです。

それに対してリノベーションは、住まいの価値や性能を向上させるために行う大規模な改修工事のこと。
耐震性能や断熱性能の向上を図る、間取りを替える、外壁を張り替える、デザイン性を向上させるなど、建物全体に手を加え建物の価値をマイナスからプラスにするイメージです。
大規模な工事となるため費用と工期はリフォームの何倍もかかってしまいますが、リノベーションをすることで建物の資産価値がUPするだけでなく、住環境がガラリと変わるため住まい手の暮らしの質も大きく向上します。


このようにリフォーム・リノベーションの規模や意味合いを読み解いていくと、それぞれが全く違うものだということがわかります。

それでは、リフォームとリノベーションの施工事例を見ていきましょう!

屋根リフォームbeforeafter
【屋根のリフォーム】
屋根全体をセメント瓦からガルバリウム鋼板へ葺き替えた事例です。
セメント瓦の耐用年数は30年ほどと言われていますが、雨漏り点検をさせて頂いたことをきっかけに屋根全面の葺き替え工事をご依頼頂きました。

屋根の大きさ・葺き替える材料・工法・建物の立地等にもよりますが、屋根葺き替え工事の費用は100万円前後、工期は1~2週間ほどかかります。

浴室リフォームbeforeafter
【水回りのリフォーム】
キッチン・浴室・トイレの水回りリフォームをするおすすめのタイミングは10~20年。水回りに使用されている部品は10年ほどで生産終了になる場合が多く、年代の古いものになると部分的に修理をすることができないと言われてしまうことがあります。
そのような状態まで使うよりも、時期をみて新しい住宅設備にリフォームして頂くことをおすすめします。

一戸建てリノベーションbeforeafter
【一戸建てのフルリノベーション】
木造2階建ての築34年のお住まい。構造体だけを残し外装・内装・設備などを全て一新させたフルリノベーションの事例です。屋根は瓦からガルバリウム鋼板へ、外壁材も張り替え、窓も全て断熱性能の高いアルミ樹脂サッシへ交換しました。

一見、新築かと思うくらいの変貌ぶりですが、変わったのは表層だけではありません。床・壁・屋根には断熱材をしっかり充填し断熱性能の向上を図りました。リノベーション後は長年のお悩みだった冬期の底冷えやすきま風が解消され、快適に過ごされているとの事です。
一戸建てリノベーションbeforeafter
間仕切りの位置を変更し、現在の家族構成と暮らしに合った間取りになりました。
キッチンも壁付けタイプから対面キッチンへ変更。今までキッチンがついていた壁には造り付け食器棚を設え、収納力もUPしました。

★その他の写真・詳細は

マンションリノベーションbeforeafter
【マンションのフルリノベーション】
築42年のSRC造中古マンションの一室を購入し、「1000万円以内でどこまで良い住環境に変えられるか」をテーマに行ったリノベーションです。間仕切り・住宅設備・電気設備などを全て総入れ替えし、自然素材を使用した温かみのある空間になりました。

マンションリノベの場合、建物のスケルトンにあたる部分はいじることができません。窓も取り換えることができないため、室内側にLOW-Eガラスのインナーサッシを設置し開口部に断熱補強を施しました。

冷暖房設備には風の出ない冷暖房システムF-CON(旧・光冷暖)を採用。1台のラジエーターで全ての部屋を快適な温度に保つことができます。
造り付けキッチンや家具には建築家の伊礼智氏とデザイナーの小泉誠氏が監修した「わざわ座」のものを採用させて頂きました。

★その他の写真・詳細は



リフォームとリノベーションの違いをご紹介してきましたが、ご自身が今やりたいと思っている事はどちらでしたでしょうか?

こちらの記事を参考に、今のお住まいに必要なことを考えてみて下さい!
ご相談や現地調査・お見積りのご依頼は、フリーダイヤルかWEBお問い合わせフォームよりご連絡お願い致します。

■お問い合わせフォーム

☎フリーダイヤル
0120-395-047




SAKURA 吊りデッキ
\モデルハウス販売中/
 杜のテラスSAKURA
★詳細・見学のご予約は







【清新ハウス】

新潟県新潟市秋葉区福島167-2 
お客様専用ダイヤル0120-395-047
イベント情報 https://www.seishinhouse.com/event
Facebook https://www.facebook.com/seishinhouse/
Instagram https://www.instagram.com/seishin_house/


【街の屋根やさん新潟店】
屋根工事専門店
http://machiyane-niigata.com/
お客様専用ダイヤル0800-888-4151

Facebook・Instagramでホットな最新情報配信中。
Houzzに登録中の新潟市秋葉区, 新潟県, JPのseishinhouse