清新ハウスの田中です。

先日のブログにて工事現場を可能なら見に行った方が良いという話を少しさせて頂きました。

今日はこの件について少し掘り下げたいと思います。

現場を見に行くことはとても大事なことだと思います。

ですが、中には差し入れを持っていかないとまずいんじゃないか?とか、

行くと迷惑になるかな?と思われてるご施主様もいらっしゃると思います。

IMG_30021-e1576139887409

そのようなことは気にしなくて結構です!

差し入れを頂いて嫌な顔をする人はいませんが、基本的に作業されている職人さんは自分で飲み物やお昼ご飯を持ってきていますし、逆に工事中に最初から最後まで見に来られないお施主様だと、お家に興味ないのかな?と職人さんも感じるかと思います。

ですから気にせず、現場を見に来られることをお勧めします。

ただ、現場内に入られるにあたって、いくつかお願い・ルールを守って頂けたらと思われます。

IMG_3244-e1576140186845

現場には危険があるということ。

日々変わる現場ですから、怪我など十分に注意が必要です。

また、仮設足場に上られたり、足場から屋根に上られたりされるのも危険です。勿論落ちる危険もあります!

仮設足場に上る際はヘルメットを必ず着用しますが、仮設足場内のスペースは狭い為、高さを見誤り、上部の足場に頭を打つこともあります。
ヘルメットをしていれば安全ですが、もしヘルメットをしていなかったらたんこぶで済まずに、頭を切っている可能性もあります。いろんな事故が起こり得ます。

現場内をしっかり見たいという場合は担当者にひと声かけて頂けたら幸いです。

※間違っても勝手に足場に上がることはしないで下さい
IMG_3045-e1576139909720

もし施工中の住宅内容を変更したい、追加工事を行いたいということがあっても、直接職人に言うのはやめて頂きたいということ。

住宅の指示の流れは、お客様→お客様担当者→図面担当者→現場担当者→職人さんとなっています。

お客様と職人にて決定されると、担当者の知らぬところで工事が起こり、トラブルの元となってしまいます。

些細なことかもしれませんが、大きな溝ができかねない問題になってしまいます。

気持ちは分かりますが、業務の流れがある中でのお話ですので、何卒ご理解下さい。


IMG_8122-e1576140058327

最初にも書きましたが、差し入れは気を使いすぎないでくださいということ。

たまに毎日出してくださる方もいらっしゃいますが、お住まい・お仕事の状況によりけりですし、なくても何も問題有りません!何よりも気持ちの問題ですので、お客様の負担にならないようにしてくださるのが一番だと思います。


これらさえ意識して頂きさえすれば、お施主様ご本人、現場の職人、担当者にも何も問題ないと思います。


IMG_4507-e1576139534653

一生に一度の大きな買い物とはよく言われますが、家を建てるにあたって、期待や不安をはじめとした数多くの感情が渦巻いているかと思います。

もし最初から最後まで現場にほどんど来られなかった場合、よく知らない人に家を作ってもらったという感じになるのではないでしょうか?

それより、現場でコミュニケーションを取り、作業されてる人間の顔のわかる関係の方が、お施主様にとっても、安心が生まれます。

また前回のブログでもお話ししましたが、良く足を運ばれるご施主様には現場にいる職人も情が湧くと思います。

その結果、職人もこの人のお家なら一生懸命頑張ろうと。

こればかりはロボットではなく人間なので気持ちがあります。

良い家ができるためにできる事は可能な限り行っていきたいと思っています。

今回のブログの内容もその一部になります。

よい家を作っていきましょう!





【清新ハウス】

新潟県新潟市秋葉区福島167-2 
お客様専用ダイヤル0120-395-047
イベント情報 https://www.seishinhouse.com/event
Facebook https://www.facebook.com/seishinhouse/
Instagram https://www.instagram.com/seishin_house/

【街の屋根やさん新潟店】
屋根工事専門店
http://machiyane-niigata.com/
お客様専用ダイヤル0800-888-4151

Facebook・Instagramでホットな最新情報配信中。
Houzzに登録中の新潟市秋葉区, 新潟県, JPのseishinhouse