杉板張り×ウッドロングエコの外観現る!越前浜の家

ドカ雪除雪清新ハウス
2018.10.11

清新ハウス 小林です!

日が落ちるのがめっきり早くなった今日この頃。冬が近づいているのを感じずにはいられません。
(写真は去年の朝一除雪のようす)

みなさんは雪が降る前にやらなきゃと思っていることはありますか?
私がパッと思いつくのはタイヤ交換ですが、さすがにまだ早いですよね。笑

住まいに関することでいうと・・・
●屋根に雪止めアングルを付けて落雪を防止する
●屋根や外壁のメンテナンスをする
●給湯器などの配管に保温材を巻いて凍結に備える

などがあげられると思います。
降ってからでは手遅れになってしまいますので、ぜひお早めにご検討・ご相談ください!



越前浜の家外観杉板張りウッドロングエコ
越前浜で着工中のM様邸。
ついに杉板張り×ウッドロングエコの外観が現れてきました!

古材のような渋い色合いがかっこいいウッドロングエコですが、本来の役割は“木を守る”こと。

自然素材である“木材”はいつかは腐ってしまいますが、少しでも長持ちさせメンテナンスを楽にするために、ウッドロングエコのような木材保護材を塗ります。

そこで気になるのは「どのくらいの効果が期待できるか?」ということだと思いますが、
ウッドロングエコを販売している小川耕太郎∞百合子社のホームページには、無塗装に比べ2.2倍長持ちすると書かれています。
つまり無塗装だと10年しか持たないところが、ウッドロングエコを塗って木部を保護すれば、22年まで持つということですね。

ウッドロングエコ
ウッドロングエコは液体ではなく粉末。上の写真のように袋に入った状態で納品され、木材に塗るときは水に溶かして使用します。

塗った直後はほとんど発色がないのですが、時間が経つと綺麗なシルバーグレイ色に変化。
また日当たりや雨当たりなどの条件によっても色変化が違ってきます。

住んでからの劣化の心配を最小限にして経年変化も楽しめるのが、ウッドロングエコの良いところだと思います。
外壁材だけでなく、ウッドデッキや木塀などの風雨にさらされる部分に無垢板を使いたいけど劣化やメンテナンスが気になる・・・という方にぜひおすすめしたい木材保護材です。


暮らすとは癒されるコト光冷暖体感会
追加公開決定!

\光冷暖の家 OPEN HOUSE/

・期間:10月13日(土)~11月11日(日)
・場所:新潟市江南区亀田中島2丁目
★詳細は→こちら

平日も見学可能ですが、事前予約が必要です。
ご予約はこちらのフリーダイヤルまで
☎0120-395-047




【清新ハウス】
新潟県新潟市秋葉区福島167-2 
お客様専用ダイヤル0120-395-047
イベント情報 https://www.seishinhouse.com/event
Facebook https://www.facebook.com/seishinhouse/
Instagram https://www.instagram.com/seishin_house/

【HOUSINGGALLERY&CAFE 杜のテラスSAKURA】
新潟市中央区長潟1206-5
TEL:025-385-7094
定休日:毎週日曜、年末年始、GW、お盆
営業時間:10:00~16:00(早めに閉店する場合がございます)
Facebook https://www.facebook.com/morinoterracesakura/
Instagram https://www.instagram.com/morinoterracesakura/

【街の屋根やさん新潟店】屋根工事専門店
http://machiyane-niigata.com/
お客様専用ダイヤル0800-888-4151

Facebook・Instagramでホットな最新情報配信中。

▲ このページの先頭へ