長岡市宮関の家『WAKURAS』二世帯改築工事 長期優良住宅 断熱・遮熱

長岡市宮関の家『WAKURAS』二世帯改築工事では、現在断熱施工が進行しています。

断熱・気密の重要性というのはここ最近よく聞く話だと思いますし、当ブログ内でも取り上げさせて頂いたことがあります。

では似たような言葉として、【遮熱と断熱】というものがありますが、この違いは何なのかという内容に今日は触れたいと思います。

「断熱」と「遮熱」。言葉が似ていることから、意味を混同している方も少なくないようです。

しかし、住まいにおける断熱と遮熱は、意味も施工方法も異なります。

断熱の仕組みを知ろう!

住宅の温度管理に悩んだとき、思い浮かべる言葉は「断熱」と「遮熱」、どちらでしょうか。

この2つは言葉の響きが似ていますが、それぞれの施工法や効果は全く違います。

建物の温度調節に関わる断熱と遮熱について、適切な選択ができるよう、意味と効果の違いを解説します。

断熱とは、熱を伝わりにくくすることです。

住宅に用いられる断熱材はこのための素材で、暑い日は屋内の温度が上昇するのを防ぎ、寒い日には冷気から屋内を守る効果もあります。

断熱材を用いることで冷暖房の利用を抑えることも可能であるため、断熱住宅での暮らしは省エネや環境保全にもつながります。

長岡市宮関の家『WAKURAS』二世帯改築工事 長期優良住宅 断熱・遮熱

一方、遮熱は熱を反射させることで温度の上昇を防ぐことを指します。

例えば、夏の日に窓から差し込んだ光が室内のブラインドに当たり続けていると、ブラインドの温度は高くなります。

その熱が屋内に放射されると、室内の温度を上昇させます。

こうした熱の放射によって、部屋が蒸し暑くなるのを防ぐのが遮熱です。

両方建物にとって重要な要素となりますが、快適な暮らしを手に入れるために必須の条件となるのは、断熱です。

断熱は室内の温度を一定に保つため、通年で効果を発揮します。

一方、遮熱は夏場の強い日差しによる温度上昇を防ぐのに効果的です。

住宅の具体例でいえば、断熱材は屋根・天井、壁、床・基礎に施工することができます。

しかし日光が差し込む窓からの熱を防ぎ、太陽光の熱が室内に与える影響を完全に遮断することは難しいのです。

したがって、夏の暑い時期は、快適に暮らすために遮熱対策が役立ちます。

長岡市宮関の家『WAKURAS』二世帯改築工事 長期優良住宅 断熱・遮熱

結論としては、省エネの観点から見た際、冷暖房の利用を少なくできる断熱や遮熱の考え方はいずれも効果的です。

例えば、断熱・遮熱のリフォームを行うとしたとき、施工にはある程度のコストを要しますが、継続的に暮らしていくことを鑑みれば経済的な判断とも考えられます。

今お住まいの住宅の室温が快適だと感じられないのであれば、エアコンの新調よりも断熱・遮熱のリフォームも検討をしてみてはいかがでしょうか。

こうした省エネにつながるリフォームの場合、補助金制度を利用できるケースも多いので、確認してみましょう。

外の気温に左右されない住まいを手に入れるために、断熱や遮熱は非常に効果的な方法ですが、間違えた取り入れ方をしてしまうと、逆に住みづらい環境を作ってしまいます。

今回紹介した違いを理解したうえで、ご自身の住まいには何が欠けているのか、どのような対処が必要なのか検討しましょう。

もし不明な点や、ご相談があれば弊社にご連絡ください。





【清新ハウス】

新潟県新潟市秋葉区福島167-2 
お客様専用ダイヤル0120-395-047
イベント情報 https://www.seishinhouse.com/event
Facebook https://www.facebook.com/seishinhouse/
Instagram https://www.instagram.com/seishin_house/


【街の屋根やさん新潟店】
屋根工事専門店
http://machiyane-niigata.com/
お客様専用ダイヤル0800-888-4151

Facebook・Instagramでホットな最新情報配信中。
Houzzに登録中の新潟市秋葉区, 新潟県, JPのseishinhouse