新潟市江南区で建築中の横越の家では、洗面脱衣室の羽目板施工に入りました。

住宅の内装は一般的にビニルクロスを貼る事が多いですが、部分的なアクセントとして木材を取り入れることで温もりのある空間を演出することができます。

木材系の壁や天井や腰壁では羽目板が使用されることが多いです。

羽目板とは、壁や天井に張るための板で、連続して張ることができるようにつなぎ目が加工されております。

板を張ることにどんなメリットがあるの?壁紙の方が安いでしょ。と思われる方もいらっしゃると思います。

今日はこの羽目板について弊社の羽目板の施工事例と一緒に説明致します。

江南区横越の家I様邸、長期優良住宅WAKURAS 羽目板と無垢材

~無垢材の羽目板のメリットについて~

内装材に使うことでさまざまな効果を得ることができます。

まずは、内装に羽目板を使うことのメリットについて確認しましょう。

・木材ならではの温かみのある空間になり、ビニルクロスや塗装仕上げでは出せない高級感を演出できます。

・無垢材を使うことで空間に個性をもたらし、木目や節など、使う材料によっても見え方が変わってきます。

・癒し効果や防虫効果がある香りを持つ樹種もあり、触れることで人の心を落ち着かせる効果もあります。

・年数を重ねることで、劣化ではなく変化を楽しむことができます。

・木材には湿度を調整する効果があり、この調湿効果によってアレルギーの原因物質発生を抑制します。

・樹種によりますが、ビニルクロスなどの内装材よりも強い特徴があります。

塗装やビニルクロスだけで内装を仕上げるよりも、木質の材料である羽目板を内装材に取り入れることでこのような木材の恩恵を受けることができます。

造付洗面台、どんなデザインにする?

弊社では羽目板・床板共に杉の無垢板を用いています。

この杉の特徴もご説明させて頂きます。

木は、柔らかさをもつ針葉樹と堅さをもつ広葉樹の2種類に大きく分けられます。

杉の木は軟らかさをもつ針葉樹。

床材に使用すると足の裏に優しく馴染み、振動や衝撃を緩和してくれます。

杉は基本的に積雪の影響を受けにくい場所に生え、天高く真っすぐに成長する樹木です。

そのため、木目は直線的で、節が少ない特徴があります。

建材として並べたとき、均一でとても美しいのが特徴です。

直線的な間取りの和室と相性が良い傾向があります。

また、年月を重ねると飴色に変化して、その家ならではの風合いが出てくるのも杉ならではの魅力です。

サッシ枠窓枠の色内観ナチュラル

ちなみに、杉の木の比重は広葉樹の半分ほど。体積が少ないぶん軽くて加工しやすく、幅広い用途に使用できるのも魅力です。

基本的に、杉はあまりメンテナンスの要らない建材ともいえます。

そうとは言え、放置しっぱなしの場合と、適度なメンテナンスを続けた場合とでは、経年等の影響による差が出てくることは否めません。

杉を、長く美しい状態で保つためには、ある程度のセルフメンテナンスを行ったほうが良いでしょう。セルフメンテナンスとは言っても、さほど難しいものではありません。

掃除機でホコリを除去したり、固くしぼった雑巾で建材を拭いたりなど、杉以外の建材の手入れとほぼ同じです。

杉は水を含みやすい建材なので、水拭きをする際には、雑巾の水を十分に絞ってください。

ほかにも、食べ物をこぼしたときには中性洗剤を使って拭き取ったり、凹みが生じた場合には、水分を含ませた布の上からアイロンをかけたりなど、いくつかの応急処置の方法を覚えておくと良いでしょう。

このように材料の特性を知った上で、内装に羽目板・無垢材を用いるだけで大きなメリットがあります。

お家を建てられる際は是非羽目板や無垢材の使用を考えてみてはいかがでしょうか。





【清新ハウス】

新潟県新潟市秋葉区福島167-2 
お客様専用ダイヤル0120-395-047
イベント情報 https://www.seishinhouse.com/event
Facebook https://www.facebook.com/seishinhouse/
Instagram https://www.instagram.com/seishin_house/
Pinterest   https://www.pinterest.jp/seishin_house/pins/

【街の屋根やさん新潟店】
屋根工事専門店
http://machiyane-niigata.com/
お客様専用ダイヤル0800-888-4151

Facebook・Instagramでホットな最新情報配信中。
Houzzに登録中の新潟市秋葉区, 新潟県, JPのseishinhouse