江南区横越の家I様邸、長期優良住宅WAKURAS 断熱と気密

新潟市江南区で建築中の横越の家では現在断熱施工・気密施工中です。

皆さんは「気密性のある家」と言われたらどんな家を想像しますか。

現在の住宅はエアコンの使用効率など省エネでありながら効率的に室内環境を良くすることが求められています。

ハウスメーカーが「高断熱・高気密の家」と宣伝されているのを見かけたことはありませんか。

一体どんな家なんだろうと思われるかもしれません

今回はそんな「高断熱・高気密の家」の中に含まれている「気密」についてできるだけ分かりやすくご紹介していきます。

江南区横越の家I様邸、長期優良住宅WAKURAS 断熱と気密

断熱の良い家とは熱が外から室内へ通りにくく、熱が室内から外へ逃げにくいのが断熱性の良い家になります。

では、気密が良い家とはなんでしょうか。大まかな部位で分けると家というのは屋根・壁・窓・床で構成されています。

この屋根と壁、窓、床の継ぎ目に隙間ができているとどうでしょうか。

冬は冷たい空気が中に入り、暖房の暖かい空気は外へ逃げていく

夏は暑い空気が中に入り、エアコンなどの冷たい空気は外に逃げてしまうことになります。

つまり気密がとれている家とは、隙間を出来るだけなくして空気の出入りを減らした家のことです。

江南区横越の家I様邸、長期優良住宅WAKURAS 断熱と気密

頭は暑くて足元が寒い!というのは気密が関係しています。

熱の移動の仕方はみなさんご存知かと思います。

暖かい熱は上に逃げていきますが、逃げていく暖気の分だけ冷たい空気を引き込んできます。

「頭は暑いのに足元が寒い」と感じたことはないでしょうか。

この現象は気密が大いに関係しています。

気密性能が低い家は、いくら暖房を強くして足元を温めようとしても、暖かい空気を多く取り入れた分だけ多くの冷たい空気が引き込まれてしまう、という悪循環な状態になってしまいます。

気密がとれている家(隙間の少ない家)は意図的な空気の出入りが少ないということです。

となると、夏場は暑い熱がこもってしまうのでは、と思うかもしれません。

しかし、住宅の場合となると状況は少し変わります。

住宅は夏暑くなるどころか涼しくなります。

江南区横越の家I様邸、長期優良住宅WAKURAS 断熱と気密

しかしながら、快適な住宅にするためには気密だけを重要視してはいけません。

快適な住宅は「気密・断熱・換気の3拍子のバランス」がとれていることが大切です。

換気を良くするには気密性がとれていないといけませんが、断熱性が悪いと温度差が生じて結露が発生します。

結露が発生するとカビや建物の劣化の原因となってしまいます。

結露を防ぐには温度差が出ない断熱性能が重要です。

また、気密性は高いが換気効率が悪いと熱がこもり湿度が高くなります。

そうなると結露やカビが発生してしまいますので、換気性能も快適な住宅にするための重要な要素となります。

つまり気密性が高くても換気効率が悪いと熱がこもる気密性が悪いと熱が逃げて断熱性が低下する断熱性が悪いと室内環境が安定せず、温度差があると結露が発生するとなります。

注文住宅で良く見かける「高気密・高断熱の家」というのは、この気密性と断熱性、換気効率の3拍子が揃って実現する住宅のことをいいます。

私達もお客様に喜んで頂ける様に、快適な生活を送れる家を作ることにこれからも尽力していきます!

ちなみに!

弊社の気密レベルは標準仕様でC値1.0以下を基準としておりますが、0.5以下となると『超高気密』のレベルになります。





【清新ハウス】

新潟県新潟市秋葉区福島167-2 
お客様専用ダイヤル0120-395-047
イベント情報 https://www.seishinhouse.com/event
Facebook https://www.facebook.com/seishinhouse/
Instagram https://www.instagram.com/seishin_house/
Pinterest   https://www.pinterest.jp/seishin_house/pins/

【街の屋根やさん新潟店】
屋根工事専門店
http://machiyane-niigata.com/
お客様専用ダイヤル0800-888-4151

Facebook・Instagramでホットな最新情報配信中。
Houzzに登録中の新潟市秋葉区, 新潟県, JPのseishinhouse