こんにちは清新ハウス田中です。

皆さんは家の地盤に対してどのくらい興味を持たれているでしょうか?

実際大切なのはわかるけどよくわからないという方も多いのではないでしょうか。

今日は現在進行中の江南区横越のWAKURASの柱状改良の写真に合わせ、地盤改良について説明していきたいと思います。

江南区横越の家 地盤改良

皆様が家を建てるにあたって、どんなに耐震性能の高い家を建てたとしても、それを支える地盤が弱ければ、その上に建つ家が揺れたり歪んだり、液状化してしまうと沈み込んでしまいます。

そのため家を建てる前に地盤の調査を行い、必要に応じて改良を行うことが必要です。

地盤改良とは、軟弱な地盤を、強固な地盤へ改良することです。

地盤改良の目的とは、

・地盤を改良し、強固にすること。基礎下から安定した層まで地盤改良することで、建物の重量を適切に伝える

・不同沈下の防止 1つは、建物の重量を支持層まで伝えることです。

軟弱な地盤の上に基礎を設置しても、力が伝わらず沈下してしまいます。

江南区横越の家 地盤改良

その地盤改良の工法の種類についてですが、

1.表層改良工法

表層改良工法は、セメントを使用して地表周辺を固める地盤改良工事のことで、地盤の軟弱な部分が地表から2mまでの浅い場合に用いられる工法です。
表層部の軟弱地盤部分を掘削し、セメント系固化材を土に混ぜて十分に締固めて強度を高めます。

2.柱状改良工法

柱状改良工法は円柱状に地盤を固めた改良杭によって建物を支える地盤改良工事のことで、軟弱地盤の深さが地中2~8mの場合に用いられる工法です。
地中に直径60cmほどの穴をあけ、良好な地盤まで掘ります。
地盤を掘る過程で水を混ぜたセメントを注入して土と混ぜて撹拌し、円柱状の固い地盤を築くことで強化する仕組みです。

3.小口径鋼管杭工法

小口径鋼管杭工法は、鋼管で地中から建物を支える地盤改良工事のことで、地中30mまでの地盤補強が可能です。
地中深くにある固い地盤に鋼管の杭を打って、建物を安定させます。
工事に掛かる日数も1~2日程度のため、短い期間で工事を終わらせたいという方にもおすすめです。
また、小口径鋼管杭工法は狭小な土地など、重機を搬入しにくい場所での工事にも適しています。

地盤の支持層は、その土地によって違います。

この江南区横越のWAKURASでは柱状改良を行っております。

江南区横越の家 地盤改良

地盤改良工事だけの話ではありませんが、工事内容をチェックし、知っておくことが大切です。

施工会社は、建築に関しての専門家ですが決して任せきりにせず、見積もりから工事完了までの各過程においても把握しておきたいですね。

また、地盤改良工事の内容によっては、出る残土をどうするかの扱いについても、事前に明確にしておきたい点です。

ただ、何も決めずに全部残土を持っていかれてしまうと、建物の施工の際に困るというトラブルが発生することもあります。

今回は地盤改良について少し説明しました。

地盤改良は、軟弱な地盤を改良して強固に造り替えることです。

日本は軟弱な地盤が多いため、沈下を防ぐためにも地盤改良が必要です。

地盤調査の結果と敷地周辺に関する情報を総合的にみて、地盤改良工事が必要かどうかが決まります。

大切なことなのでこの情報が読んで頂いた方の記憶に残ったら嬉しいです。

秋葉区見学会

長期優良住宅の家【若蔵】
OPEN HOUSE
日時:2020年8月29日(土)~
場所:新潟市秋葉区山谷町1丁目13-32

★ご予約・詳細は







【清新ハウス】

新潟県新潟市秋葉区福島167-2 
お客様専用ダイヤル0120-395-047
イベント情報 https://www.seishinhouse.com/event
Facebook https://www.facebook.com/seishinhouse/
Instagram https://www.instagram.com/seishin_house/


【街の屋根やさん新潟店】
屋根工事専門店
http://machiyane-niigata.com/
お客様専用ダイヤル0800-888-4151

Facebook・Instagramでホットな最新情報配信中。
Houzzに登録中の新潟市秋葉区, 新潟県, JPのseishinhouse