新潟市秋葉区山谷町の家 庭

新潟市秋葉区で建築中の山谷町の家では、今月末から開催されるオープンハウスに向けてラストスパート中です。

外構工事が進行しております!

庭ってすごくいい空間で憧れますが、維持するのが難しそう...ってイメージがあると思います。

どうやったら素敵なイメージ通りの庭を手に入れられるのかを弊社の施工事例を交えて、今日は考えていきましょう。

0003_xlarge2-e1597741419296

まず一つ目が庭を確保できる土地を選ぶということ

土地の条件によって、建築できる建物の面積には上限が決められています。

庭で好きな植物を育ててガーデニングを楽しみたいと思っていたのに、土地選びを間違えるとその夢が実現できないこともあります。

最低限、車1台の駐車スペースと自転車2台の駐輪スペースを確保して、南側の敷地にテラスを設けたいなどの希望を、建物の計画と同時に進めていきましょう。

そうすることで、住宅に必要な面積と庭に必要な面積が把握できるので、土地を選ぶ際の指標になります。

次に、徐々に整備していく

マンションから庭付きの住宅に住み替えた場合、庭の手入れに多くの手間がかかることに驚くかもしれません。

庭の手入れを業者に依頼するのでなければ、全て自分たちで手入れをしていくことになります。

庭仕事に慣れていない間は、負担に感じることもあるかもしれません。

庭仕事に慣れるまでは、植栽を生け垣と芝生だけにしたり、シンボルツリーだけにしておくなど、シンプルにしておきましょう。

始めから完璧な庭をつくるのではなく、徐々に植物を増やして理想の形にしていく庭づくりは、庭仕事初心者の方におすすめの方法です。

新発田市薪ストーブのある長期優良住宅施工事例外観

庭の環境をつくっていくにあたって気を付けなくてはならないことが、こだわりすぎたデザインにしないということ

庭づくり上級者の方は、こだわりを持ったデザインでも管理は難しくないと思います。

でも、これから新築を建てようと考えている方は、庭の手入れを初めて経験する方のほうが多いのではないでしょうか。

始めからこだわりのある庭にすると、手入れの負担が大きくなり、失敗することもあります。

そうならないために、初心者でも管理しやすいデザインや植物を専門家に相談してみることもおすすめです。

更に長期の景観維持のためにも、ランニングコストを踏まえた費用計画を立てる!

家と同じように、長期に渡ってメンテナンスが必要になるので、それに掛かる費用を考慮しておきましょう。

除草や草刈り、水やり、肥料を撒くなど、きれいな庭を維持するためにはどんな費用が必要になるのかを把握して庭づくりを計画しましょう。


秋葉区見学会
8/29(土)に新潟市秋葉区山谷町にて若蔵-wakura長期優良住宅-OPENHOUSEを開催いたします。

ご結婚を機に住まいづくりを始めたお施主様は、実は十数年前に清新ハウスで住まいを建てられたオーナー様のお子さんでした。
慣れ親しんだ実家の住み心地が大好きで、自分たちも家を建てるときは自然素材の住まいがいいねと考えていたそうです。

★開催期間
2020年8月29日(土)~9月22日(火・祝)

★オープンハウスの詳細・ご予約は