こんにちは!清新ハウス田中です。

コロナウイルスの感染拡大によって機能停止状態に陥りつつある日本経済。

ホテルや飲食店など、人が集まる産業は甚大な打撃を受けていますね。

ですが、逆に需要が伸びている分野もないわけではありません。人工呼吸器やマスク、アルコール消毒薬などは最たるものとして、意外な産業もコロナ渦の中で注目を集めています。

孤独死などの室内を清掃する特殊清掃業界だそうです。孤独死が増えているというわけではなく、特殊清掃現場特有の悪臭を消す技術や薬品が空間の除菌につながるという期待のためです。

実際は本業の特殊清掃のために用いる薬剤ですので、除菌としては意味がありますが、コロナウイルスに対しての具体的な効果が出るのかはまだ不明だそうです。

コロナウイルスの流行に関して、「すぐ収まるだろう」とずっと思っていましたが、まだまだ続いていくようですね。

気を抜かずに健康管理・外出自粛など意識していきます。
秋葉区山家町の家 解体工事

さて、この度秋葉区山谷町の家『若蔵』M様邸新築工事がスタートします。

東区長者町の家同様に、解体工事から工程がスタートします。

この解体工事の中で非常に大事なのは、やはり近隣挨拶です。

通常は工事の管理業者や解体業者が近隣を訪問して工事の案内を配布します。

ただ、建物の解体工事では現代の技術でどんなに慎重に作業を進めても、一定レベルの騒音・振動やほこりなどが発生します。

秋葉区山家町の家 解体工事

解体に際して、引込配管や配線の撤去の連絡も必要になってきます。

電気、ガス、水道、浄化槽、有線やCATVなど、各指定会社へ撤去の連絡をしましょう。


秋葉区山家町の家 解体工事

足場養生の準備→高いところでの作業もあるので足場を確保したり、近所へほこりなどが広がらないように養生シートをかぶせたりする作業です。

建物の内部を解体→まずは手作業で撤去できるものから撤去します。

建物の本体を解体重機を使ったり、場合によっては人力で解体します。

秋葉区山家町の家 解体工事

廃材の分別・収集・搬出作業廃材を分別しながら作業を進めます。

地中の確認作業解体が終わったあと、地中を掘り起こし、廃材や異物が残っていないかを確認します。

整地作業解体後の土地を平らに整地します。

整地されたところでようやく新築工事の作業に移ります。

それまで2週間ほどかかります。この物件の経過も他の物件同様に更新していきますので、次の更新をお楽しみにしてください!






【清新ハウス】

新潟県新潟市秋葉区福島167-2 
お客様専用ダイヤル0120-395-047
イベント情報 https://www.seishinhouse.com/event
Facebook https://www.facebook.com/seishinhouse/
Instagram https://www.instagram.com/seishin_house/

【街の屋根やさん新潟店】
屋根工事専門店
http://machiyane-niigata.com/
お客様専用ダイヤル0800-888-4151

Facebook・Instagramでホットな最新情報配信中。
Houzzに登録中の新潟市秋葉区, 新潟県, JPのseishinhouse