こんにちは、清新ハウス田中です。

皆さんは自分の中で決まったルーティンなどはありますか?

ルーティンとは、慣習の一種で、日常規則的に繰り返される生活様式、とくに一定の手順で行われることをいいます。

よく聞くルーティーンとしては、「朝にコーヒーを淹れ、一杯飲んでから仕事に行く」や、「寝る前に温かいお風呂に入り、1杯のティーでリラックスする」等。

他にもこういった例は多々ありますが、日常の行動・活動を決まった日付、曜日、時間に行うように「ルーティン化」すると、日常生活がよりシンプルになります。

ルーティン化することで、必要な事には集中して不必要な事は生活から削ぎ落とす事が出来ます。

私の場合は「休日は朝起きてから午前中のうちに掃除洗濯をすべて行う」というものがあります。

時間に追われ、バタバタしないようにこういった要素も自分の生活に組み込みながら、生活したいものですね。

新潟市東区長者町の家 上棟式1

さて、新潟市東区長者町にて新築工事が進行しております。

今回の物件は弊社No1人気ハイコスパナチュラルブランド「WAKURAS」です。

コンクリートの打設が終わり養生期間が明けますと、土台敷が行われます。

その土台敷きが終了し、建て方を行っております。建て方を終えると上棟となります。

新潟市東区長者町の家 上棟式2

「上棟」という言葉をよく使いますが、上棟(じょうとう)・建方(たてかた)・建前(たてまい)・

棟上げ(むねあげ)・建舞(たちまい)いろんな言葉があります。

木造であったり鉄骨であったりで呼び方が変わり、地方によって言葉が違うようです。

ちなみに、ヨーロッパやアメリカでも日本で言う上棟があり、トッピング・アウト(Topping out)と言います。


新潟市東区長者町の家 上棟式

上棟とは・・・現場で主要な構造を組み立てる事です。

土台の上に柱を立てていきます。

1階の柱を立て、梁で柱と柱をつなぎます。

2階の柱を立て、梁で柱と柱をつなぎます。

小屋梁に小屋束を立てて母屋を上げていき、一番高い所にある棟木を上げることで、上棟となり上棟完了となります。

上棟は新築工事の一つの節目となるものです。

工事の序盤が終わったと言えるでしょう。

今後もこの新潟市東区長者町WAKURAS新築工事を通して、工事の内容をお伝えしていきますね。

是非、今後もご覧になってください。





【清新ハウス】

新潟県新潟市秋葉区福島167-2 
お客様専用ダイヤル0120-395-047
イベント情報 https://www.seishinhouse.com/event
Facebook https://www.facebook.com/seishinhouse/
Instagram https://www.instagram.com/seishin_house/

【街の屋根やさん新潟店】
屋根工事専門店
http://machiyane-niigata.com/
お客様専用ダイヤル0800-888-4151

Facebook・Instagramでホットな最新情報配信中。
Houzzに登録中の新潟市秋葉区, 新潟県, JPのseishinhouse