こんにちは!清新ハウス田中です。

1月も後半に入りましたね。

正月が明け、正月休みの名残惜しさを感じながら過ごしていたのは私だけでしょうか。

日々多忙な方も、お正月は自宅でゆっくりしたり、実家に帰省したりとのんびりした時間を過ごしたのではないでしょうか。
ただ、正月休暇はお餅やおせちをたくさん食べたり、新年を祝うための飲みの席が増えたりすることで「正月太り」というように、お腹周りにお肉が付きやすい時期でもありますね。

一般的に太る原因としては、カロリーの過剰な摂取や運動不足による消費カロリーの低下などがありますね。美味しいものを食べて、ゆったりする時間が増えるからこそ体に変化が起こりやすいわけですね。

正月休みの緩いリズムもこの二週間で吹き飛んだ頃でしょうか?

蓄えた分、エネルギッシュに残りの1月を過ごしていきたいものですね。

IMG_8498_R

さて、昨年末からスタートした阿賀野市の家WAKURAS長期優良住宅H様邸ですが、正月休暇が明け足場の設置を行い、建て方を行いました。

建て方とは、現場で建物の主要な構造材を組み立てること。

木造や鉄骨造で、基礎の上に、柱や梁(構造材)を組み上げて、屋根を葺けれるようにするところまでの工事を「建方(たてかた)」と呼んでいます。
IMG_8506_R-e1579244816564

写真のようにクレーンによって、土台に柱・梁を組みます。

垂直を出し、仮固定をします。1階の柱と柱を胴差や梁で繋ぎ、2階の床組をします。


IMG_8524_R-e1579244850621

この際、2階床・屋根下地合板によって覆われるまでの間、落下防止ネットを設置します。

職人さんは梁の上を移動し、組立を行っていきますが、とにかく安全に作業を行う必要があります。

落ちてしまってからでは取り返しがつきません!

仮に足場から足を滑らしてしまったとしても怪我をしないようにネットを設置します。

IMG_8536_R-e1579247180450

作業としては、2階の柱を立て、桁や梁で柱と柱をつなぎます。

そして小屋梁に小屋束を立てて母屋を上げて行き、一番高いところにある棟木を上げ上棟となり、

建て方完了となります。

IMG_8578_R-e1579247432104

主要構造材が組みあがると、建て方は完了、このタイミングを「上棟」と呼び、ここまでくると、家のイメージが目に見えて理解できることで、改めて気が引き締まるものです。

まるでプラモデルが組み上がるように、材料が迅速に組み上げられていく様子は、非常に見ごたえが

有り、建て方を最初から最後まで見ているご施主様もいらっしゃるそうですよ。

上棟というタイミングもあり、ここを折り返し地点として、より一層気を引き締めて作業を行っていかなくてはと思いました。




【清新ハウス】

新潟県新潟市秋葉区福島167-2 
お客様専用ダイヤル0120-395-047
イベント情報 https://www.seishinhouse.com/event
Facebook https://www.facebook.com/seishinhouse/
Instagram https://www.instagram.com/seishin_house/

【街の屋根やさん新潟店】
屋根工事専門店
http://machiyane-niigata.com/
お客様専用ダイヤル0800-888-4151

Facebook・Instagramでホットな最新情報配信中。
Houzzに登録中の新潟市秋葉区, 新潟県, JPのseishinhouse