こんにちは!清新ハウス田中です。

連日ブログにて紹介しております、阿賀野市の家WAKURAS長期優良住宅のH様邸ですが、基礎の型枠が外されましたので、本日防湿コンクリートが打設されました。

阿賀野市の家WAKURAS長期優良住宅 防湿コンクリート1

地面から上がってくる湿気を防ぐため、床下一面に防湿シートを敷きコンクリートを打設します。

これが防湿コンクリートです。

この後、養生期間をおいて防湿コンクリートが完成すると基礎工事が終了となります。

阿賀野市の家WAKURAS長期優良住宅 防湿コンクリート5

さて、皆さんは布基礎とベタ基礎どちらが良いという話を聞いたことが有るでしょうか。

調べてみると、多くのホームページではベタ基礎が良いと端的に書かれています。

最近はベタ基礎を採用するところがほとんどですが、以前は木造住宅の基礎としては布基礎が最も使われておりました。

ベタ基礎は面で支えますが、布基礎は線で支えます。そのためか、ベタ基礎の方が基礎として強いという議論もよくありますが、実際には土地との相性が重要であり、どちらが強い・弱いということはありません。
阿賀野市の家WAKURAS長期優良住宅 防湿コンクリート3

地面から上がってくる湿気についても、床下一面に防湿シートやコンクリートを敷設することで、ベタ基礎と同様に湿気を防ぐことができます。

最大のメリットは、ベタ基礎の場合、根入れの底から立上りの天端までの高さが

45センチほどなのに対し、布基礎の場合は70センチほどになることです。

縦に長い分、上から集中的に掛かってくる荷重を受け止めやすくなります。
阿賀野市の家WAKURAS長期優良住宅 防湿コンクリート4

また、ベタ基礎より布基礎の方がコンクリートの量が少ないため重量が軽くなります。

その結果、地盤に掛かる負荷が少ない分、構造計算上有利に働くことがあります。

そのため、鉄骨住宅では布基礎が採用されることが多いようです。


阿賀野市の家WAKURAS長期優良住宅 防湿コンクリート2

ベタ基礎にするべき土地と建物、布基礎にするべき土地と建物があります。

布基礎は決してベタ基礎に劣る基礎というわけではありません。

ご安心下さい。


さて、基礎が出来上がると次は土台敷きに入ります。
楽しみですね。

また今後の工事の様子もブログにあげようと思っております。是非ご覧になってください。





【清新ハウス】

新潟県新潟市秋葉区福島167-2 
お客様専用ダイヤル0120-395-047
イベント情報 https://www.seishinhouse.com/event
Facebook https://www.facebook.com/seishinhouse/
Instagram https://www.instagram.com/seishin_house/

【街の屋根やさん新潟店】
屋根工事専門店
http://machiyane-niigata.com/
お客様専用ダイヤル0800-888-4151

Facebook・Instagramでホットな最新情報配信中。
Houzzに登録中の新潟市秋葉区, 新潟県, JPのseishinhouse