照明選び方 長岡市 三世代同居型二世帯住宅
現在新築中の長岡市宮関の家『WAKURAS』二世帯住宅では、室内の器具取付が行われています。室内の照明器具の取付が終わると内装も一気に完成に近づきますね。当たり前のように点けている部屋の照明。その照明も器具や手法によって温かさ、落ち着き、くつろぎなどさまざまな雰囲気を演出することができます。そんな暮らしに欠かせない照明器具の選び方を、弊社の施工事例と共に空間ごとに解説します。生活シーンにあわせた照…
お引渡し式新潟市江南区横越旗竿地の家自然素材新築注文住宅長期優良住宅
1ヶ月に渡り開催しておりました、新潟市江南区横越の旗竿地の家オープンハウス。スタートした1月上旬は大寒波に見舞われ、見学を中止せざるを得ない期間があったり、足元が悪い中お客様にご来場頂いたりと、一筋縄ではいかない見学会となりましたが、先週末で無事に会期を終えることができました。ご来場いただいた皆様、誠にありがとうございました!
長岡市 三世代同居型二世帯住宅
現在新築中の長岡市宮関の家『WAKURAS』二世帯住宅では、左官職人による、玄関タイル施工が行われています。玄関は1番印象に残る空間と言われているのをご存知でしょうか。でも考えてみれば、玄関は来客対応や郵便受取など家族以外の人が長いこと滞在する可能性のある空間なので納得ですよね。「玄関を見れば人間性も分かる」なんてことも聞いたことありますし、実はとっても重要な場所です。自宅に帰ってきて、毎日玄関の…
新潟市秋葉区小須戸でキッチン改修工事
現在、新潟市秋葉区小須戸でキッチンの改修工事を行っております。先日の記事で床の施工写真までお見せ出来ていたと思います。また、キッチンの改修の際に気を付けるべきこと・話すべきことについて内容を書かせて頂きました。今日は施工写真と共に、もう少し建築寄りの目線でキッチンの話をしていきたいと思います
江南区亀田東町の平屋新築工事 基礎工事
江南区亀田東町の平屋新築工事では、地盤改良工事が完了し、基礎工事が始まりました。今日はその基礎工事の工程について説明します。地盤調査後、杭の位置や基礎が決定し、やり方出しという作業を行います。工事といっても画像のような木の板を配置していくものです。ただこのやり方は建物の配置、基礎の高さ、地面の勾配を決定する非常に大切な役割を持っています。
新潟市秋葉区小須戸でキッチン改修工事
現在、新潟市秋葉区小須戸でキッチンの改修工事を行っております。住宅の一部のみの改修工事は、新築と違い、施主様が住まわれながらの工事となる為、粉塵や汚れなどの対策としての養生を重点的に行う必要があります。他の部屋や、家具などに工事の影響が及ばぬようにしっかりと養生を行っていきます。更に、清掃・環境整備の徹底ももちろん必要です。キッチンの改修にあたってどんなことを考えていけばよいかわからないという方も…
停電災害台風備え住宅家住まい設備電気ガス太陽光蓄電池
皆さんは停電に対してどのような備えをされていますか?先月の1月7日に新潟市でも大規模停電が発生しましたが、その経験をもとに「住まいの備えを見直した」という方も多いかもしれません。そこで今回は、●停電すると何が使えなくなる?●どのような不便がある?●これがあると便利!という設備は?など、停電にまつわることについてまとめてみようと思います。ご自身の住まいを見直すきっかけになれば嬉しいです!
江南区亀田東町の平屋新築工事 地盤改良
江南区亀田東町の平屋新築工事では、地盤改良工事が完了しました。今日はその地盤改良について説明します。地盤改良工事とは現在、建物の新築工事をする際は事前に必ず地盤調査を行い、地盤の強度を調べます。その調査の結果、土地に十分な地耐力(地盤の支持力)がないと判断されてから、地盤の補強をしなければ建物を建てることができません。この地盤の強度を高める工事が地盤改良工事です。
江南区横越の家I様邸、長期優良住宅WAKURAS
現在新築中の長岡市宮関の家『WAKURAS』二世帯住宅では、大工による木工事が完了しようとしています。大工工事が完了すると、ようやく内装工事に入って参ります。和紙貼りや左官工事といった仕上げ工事が行われていきます。今日はその中でも、弊社で用いている和紙壁紙についてお話したいと思います。
旗竿地日当たりメリットデメリット新潟自然素材新築住宅
旗竿地は手前が細長い通路でその奥にまとまった敷地ある形状のため、周囲を隣家に囲まれてしまいます。インターネットで調べると「旗竿地=日当たりが悪い」ということがどのページにも書かれており、そこが不安で旗竿地を選択肢から外しているという方も多いと思いますが、設計上の工夫によって日当たりの悪さは解決することができます。
屋根形状勾配積雪新潟県長岡市二世帯住宅三世代自然素材
デザインや見た目優先で設計をすると、落雪が原因で大変な経験をしてしまうかもしれません。多雪地域での住宅設計では、積雪時のことを考慮して屋根の設計をすることが非常に大切なのです。敷地の大きさ・建物の形状・近隣との関係などの条件によって適切な屋根形状も変わってきますので、住まいづくりの際はよく検討しましょう。