新潟市・新発田市・三条市・長岡市で注文住宅・リフォームなら

TEL.0120-395-047

  • Facebook
  • instagram
  • Pinterest
  • twitter
  • youtube

お問い合わせ

資料請求

メニューを開く

voice

暮らしごこちインタビュー

新潟市江南区 I様

人も家も信頼できる、本物志向の家づくりをするなら清新ハウスさんがオススメです。

人も家も信頼できる、本物志向の家づくりをするなら清新ハウスさんがオススメです。 画像

私たちの家づくりは、リノベーション or 新築 を選ぶところから。

ご夫婦:私たちがマイホームを建てようと思ったのは、アパート暮らしが手狭になってきたから。
結婚を機に「そろそろ建てたいよね!」ということでスタートしました。

最初は、ハウスメーカーさんやリノベーションの会社なども見学に行ってきたんですが、これが清新ハウスさんと出会うきっかけになったんですよ。

私たちのマイホームのイメージは「古き良き家」。
なので、当時ちょうど見つかった築50年ぐらいの家を「リノベーションして暮らそう」って、ローン審査も通していたんです。

旦那様:ところがそのことを母に相談したら、猛反対されたんです。
ちょうど母も群馬で家を建てた所で、母の伝手で詳しい方に図面を見てもらったら「この間取りはちょっとよくないかも。めちゃくちゃいい建築会社が新潟にあるから紹介するよ」と教えてくれたのが清新ハウスさんでした。

私たち夫婦は、費用面で新築よりは費用がかからないだろうとリノベーションを選んでいたんです。
なので清新ハウスさんに出会う前までは、全然新築を建てるつもりも全くありませんでした。
「社長さんがとにかくいい人だから、会ってみて!新築とリノベーションの違いに、どれだけリスクがあるか聞いてみて。」っていうので、僕だけ話を聞きに行きました。

僕は、梃子でも新築は建てるつもりはなかったし、知人からも「建てなくていいよ。話だけ!」と言われていたのでそれなら、、と清新ハウスの中村さんに会ってみたら、変わりましたね!笑

運命の出会いから、とんとん拍子で家づくり。

中村さんは、「新築で建てようが、リノベーションで建てようが実は将来的には費用は変わらない。なぜなら・・・」とわかりやすく説明してくれたんです。この人は信用できる!妻にも聞かせたい!!
そう思って、次は妻と清新ハウスさんに相談に来ました。

そうしたら清新ハウスさんの家の雰囲気が妻にフィット!
もうそこからは早かったですね。出会って1か月ほどでマイホームを建てることに決まりました笑。

実は、清新ハウスさんに出会うまでは、1年ぐらいリノベーションする方向で悩んでいたんです。そっち方面で進めようかな・・・て考えいましたが、そうしなくて良かった!と思いましたね。

決め手は、清新ハウスさん、そして中村さんのお人柄です。
僕は仕事柄「この人から買いたい!」と決めるところがありまして、人間的な側面に惹かれました。

奥様:私は清新ハウスさんの自然素材を使ったあたたかいデザインがいいなって思ったのと、他社さんに比べて話しやすく手の届きやすい感じがしたこと。そして何より主人が推していたことが決め手でご依頼しました。

シンプルなデザインの中に、こだわりがたくさん詰まっています。

旦那様:僕たち夫婦は、清新ハウスさんのWAKURASを選びました。
これを選んだのは、「僕らの予算内で自分たちらしい暮らしができる家」という依頼に対して清新ハウスさんからの提案です。僕自身持ち物が派手なので、Simple is Bestな家になっています。

細かなところでの要望は、まずは「LDK内の視線隠しの木格子」ですね。
建物のプラン上、ドアを開けるとすぐキッチンなので、目隠しのためにつけてもらいました。

それから、僕の書斎。一人の時間が欲しいタイプなので、今はここでYoutubeの編集をしたり、フィギアをかざったり、漫画を置いたりしています。中村さんもノリノリでつくってくれて、頼んでよかったですね。


奥様:私はキッチン内にパントリーをつけてもらうこと。そして小さい和室を入れてもらいました。
キッチンの壁の色と、和室の扉の色は中村さんからの提案で、変わった色なのでどうなるんだろうって思っていましたが、気に入っています!

旦那様:清新ハウスさんにお任せしたり、提案してもらった部分が多いんです。「こうしたい!」というと、中村さんから「やめたほうがいいです」と、やめたほうがいい理由をわかりやすく教えてくれるんですよ。例えば、中村さんから「ご主人は派手なのが好きだけど、そればかり家に入れちゃうと疲れちゃいます。”ここだけ”は派手な色にしましょう!」って中村さんの提案で、和室とキッチンの背面の色を派手にしました。

それから、「脱衣所兼サンルーム」もめちゃくちゃこだわってます。もう一番のこだわりですね。
これも中村さんからの提案だったのですが、床・天井・壁すべて木なんですよ!


新潟って曇天で湿気が多いのであまり洗濯物が乾かなくて「浴室乾燥」や「乾燥機」を購入する話を良く聞きますが、わが家は全て木でつくったおかげでよく乾く!しかもお風呂からあがると木のいい香りにいやされます。取り入れて本当によかったです。
僕たちだけでなく、母が先日遊びに来たときに「こんなこと出来るんだ!」って感激してたんですよ。これができるのは自然素材の使い方を良く分かっている清新ハウスさんだからですね。

その他にもいろいろありましたが、初めの出会いから信頼していたのでほとんどお任せ。やっていただいてよかったものばかりです。

一生に一度の家づくりだからこそ、その時にしかできないことを体験できる

旦那様:思い出といえば「着工式」が面白かったです。僕は”古き良き”なものや、しきたりが好きなんです。清新ハウスさんの着工式では、その家の建築に関わる方が集まるんです。大工さんや職人さんまで!
「この人たちが、僕らの家をつくってくれるんだ」という、安心感がありますよね。
顔合わせしていることで信頼感も生まれますし、引き渡しの時も全員で祝ってくれてとても嬉しかった。
大手ハウスメーカーだと、ここまで集まらないんじゃないかなって思います。
「地鎮祭をやるから」とか「お引き渡しだから」とか、こういう機会にちゃんと関わる方が集まる「人望」がある清新ハウスさんがすごいと思いました。

不安のない、楽しい家づくりが清新ハウスさんでできる秘密

家づくりにおいて叶えたい「要望」がありますよね。でも比例して「お金の不安」がちらつくかと思いますが、清新ハウスさんは一つずつその不安を解消していってくれました。
最初の出会いからお引き渡しまで、同じ人(僕らの場合は中村さん)と打合せだったということが大きいですね。
僕らの要望や予算感をわかってくれていることで「こうしたらできるよ」とか、逆に「こうしたら光が入らないからやめた方がいいよ」とか教えてくれました。


大手ハウスメーカーさんで建てた知人に聞いたところ、営業さん、電気の担当さん、水回りの担当さん、とお話する方がちょこちょこ変わってその都度同じ話をしなければならず、大変だったそうです。

だから、僕が考えなきゃいけなかったのは土地ぐらいでしたね。
限られた予算の中で土地と建物を決めないといけないのですが、最初中村さんから提示された土地がちょっと希望より遠く、田舎で決め手にかけていたんです。そんな時に、偶然見つけた土地が草がぼうぼうで、かたちも変!だけどここ良いなって思ったので「こういう土地が気になっていて…」と中村さんに伝えたら、当日に「一緒に見ましょう!」って飛んで来てくれたんです!

その土地は農地転用で手続きが面倒なところだったのですが、僕が気に入ったという価値観を大切にしてくれて、変わった形の土地をいかし、日当たりや風向きもちゃんと取り入れた家を設計士さんが考えてくれました。ここまでしてくれるの?っていう対応がすごく信頼できましたし、嬉しかったですね。

暮らし初めて3か月。住んでみて「良さ」をさらに実感しています。

旦那様:住んで見て気づいたのは、清新ハウスさんの「家づくり」に対する知識量の凄さです。
建ったからこそ、お金面で感動することがあるんですよ。
ついつい考えてしまうのは家の本体や土地に対する費用だけですが、清新ハウスさんの家は、ランニングコストも私たちの生活コストで考えられた家だと感じています。

例えば長期優良住宅などの「補助金」、そして固定資産税が先日決まったのですがその費用も思ったほど高くなかったんです。それから、当たり前のことですがすごく温かくて心地がいいので、冷暖房機器を過剰に使うことがありません。木の力を利用しているので除湿器や乾燥機もいらない。
暮らし始めてからのことを長い目で考えらえられた家だなって感じています。

自然素材が好きな人は清新ハウスがオススメです!

奥様:私は、木の家に住みたかったので叶って良かったと実感しています。
木の良い香りがしますし、あったかい。

旦那様:ちょっと古き良きが好きな方。和の落ち着く感じが好きな方に清新ハウスさんがオススメですね。
あとは、「変化」を楽しめる方が良いと思います。
例えば、自然素材は経年で変化します。木の見た目の色は変わっていくし、傷だってつきます。
その経年とともに、その時の趣味志向に合わせた家具も取り入れていけると思います。
僕だったら、10年後はきっとビンテージが好き。木がもっと濃い色になった頃に、革素材のビンテージソファを入れてその時その時の暮らしを楽しみたいですね。

ご夫婦:まずは、このインタビューを読んでいる時間があるなら一度会ってみてください。
特に「木が好き」な方や、家を建てようと思ってても、何をしたらいいか分からない方。
相談したら、あなたが抱えている不安を解消してくれるはずです。

私たちは予算が気になっていましたが「出来ないことないです」ってできる範囲で最善を提案してくれて、何とか叶えてくれました。自然素材をつかった本物志向の家づくりをしたい方、そんなプロに家づくりを任せたい方は、ぜひ清新ハウスさんに相談してみてください。


 

その他のお客様の声

お客様の声カテゴリ一覧

CONTACT

清新ハウスの家づくりをもっと知りたい方へ清新ハウスの家づくりをもっと知りたい方へ

注文住宅のこと、資金の考え方、土地のご相談など
「お家の相談をしたいのですが…」とお気軽にお問い合わせください!

tel.0120-395-047tel.0120-395-047

まずはお気軽にカタログをご請求くださいまずはお気軽にカタログをご請求ください