江南区「光冷暖の家」社内検査(完成)

IMG_77004
南面外観
屋根のひさしを3尺とし、落ち着いた色彩バランスの明るい家が完成しました。

中間検査時点で軒天上の色をこれよりも薄いグレーを塗っていたので二段階濃い色に変更してもらってバランスがとれました。
杉板の塗装の色もいい感じになってきました。

檜の濡れ縁の色が未だ浸透していないようだ。雨に当たると少しづつ濃くなってくるようですので状況を見ます。


IMG_76952
リビングダイニング

ダイニングのペンダント照明が少し下がり過ぎていたので調整しています。

白い光漆喰の壁と天井の内装に秋田杉30mm厚の床板の内装。リビングの真ん中には
スッキリとした北山杉の磨き丸太の柱が白い内装を和らげています。

左にある「光冷暖房」のラジエーターは邪魔にならない位置にあり、冷風・温風のない「遠赤外線の冷暖房」パネルです。



IMG_76843
光冷暖

アルミパネルに傷はついてないか確認しています。
この不思議なアルミのフィンから夏は冷気が冬は暖気をが遠赤外線として室内全体に伝わって行きます。

つまり風を伴わない暖房は正に薪ストーブのようであり、風邪を伴わない冷房洞窟の中
にいるようなものです。

また、風邪がないから室内の粉塵を飛ばすことがなく、室内の空気を汚すこともありません。
従って、アトピー性皮膚炎や花粉症・喘息をお持ちの方には絶対におすすめしたい冷暖房
です。
是非、一度確かめてみて、体験してみて下さい。  「百聞は一見に如かず」
▲ このページの先頭へ