既存住宅に係るインスペクションとは?

image308
「インスペクション」とは
どういうものか?

まず
❶既存住宅に係る一次的なインスペクション(既存住宅現況検査)です。
これは、既存住宅の現況把握のための基礎的なインスペクションで、目視などを中心とした非破壊的な方法で現況調査を行い、建物の基礎・外壁などに生じている ひび割れ、雨漏りなど、構造安全性や日常生活上の支障があると考えられる 劣化事象などの有無を把握しようとするものです。

中古住宅売買時の 建物検査 や住宅取得後の維持管理時の定期点検などがこれにあたります。

次に
❷既存住宅に係る二次的なインスペクション(既存住宅診断)です。
これは、現に日常生活上支障が生じている場合など、不具合箇所を修繕しようとする際に利用されるインスペクションのことです。
破壊調査も含めた詳細な調査を行い、劣化事象の生じている範囲を特定し、不具合の原因を総合的に判断しようとするものです。
住宅の耐震診断もこれにあてはまります。

3つ目が
❸性能向上インスペクションです。
これは、省エネやバリアフリーのためのリフォームなど、住宅の性能向上リフォームを実施する際に利用されるインスペクションです。
リフォームの実施前後に 現況調査・検査を行い、住宅の劣化状況と性能を把握しようとするものです。

今回の宅建業法改正では❶のインスペクションが対象です。

インスペクションの説明義務が課せられた今回の宅建業法改正を機に、中古住宅市場の活性化における宅建業者及び「既存住宅現況検査技術者」の役割が益々大きくなってきます。
image309
▲ このページの先頭へ