富山のガラス美術館.図書館は魚津の杉パネル

image232
受け付けカウンターと事務テーブル

◎優しさのある受け付けを醸し出している
image233
カウンター下のオープン収納

◎水平線の連層が美しい
image234
図書館の受け付けカウンター
カウンター下の本棚

◎新刊、イベント情報などの掲示スペースが多目的

◎バックの長い棚が迫力を与える
image236
受け付けカウンター
腰壁のデザイン

◎お客様を楽しくさせる腰壁
image237
オープン棚

◎杉パネルの小口を斜めカットがシャープな美的デザインだ。
image238
二階のカフェ
受け付け、カウンター
調理場でもある。

◎赤白の柾目がリズミカルな美しさを演出している。
image239
受け付けカウンター

◎柾目の使い方が美しい。
柾目は堅く水に強い。
image240
◎柾目と腰壁のナナメ小口カットがマッチしている。
image241
図書棚のサイド

◎両面使いが場所を取らない。

スッキリした本棚がいい。

富山市のガラス美術館.図書館

image225
建築家 隅 研吾氏の設計の富山市のガラス美術館と図書館を研学に来た。

情報より一見にしかず

素晴らしい建築です。

地元の杉板を巧みにデザインしているインテリアと言っていいのか、

圧倒される杉の美しさが
ここにあり。
image226
image227
image228
image229
image230
image231

11年間に感謝です

image208
11年間、170,122km乗せてくれた
愛車とのお別れの日がきた。

10年11ヶ月で初めての故障。オーバーヒートで部品交換が事の始まり。

無事故で安心して走行してくれた愛車とのお別れを惜しみ、妻が記念写真を撮ってくれた。

『マイフーガよ、11年間無事故で快適に走行してくれ、ありがとうございました。』
感謝
image209

茨城県の那珂東海倫理法人会の倫理経営講演会

image205
那珂市と東海村と日立那珂市の会員企業がおります。

ちなみに水戸市の隣りにも位置しています。
image206
ここは、日立那珂市の勝田駅です。初めて来ましたが2年前に改築されたようです。

高い利回り探る

image204
個人の不動産投資活発

マイナス金利下で資産運用が難しくなる。

立地条件の良い物件は安定した運用先として需要が高い。

大手不動産会社、住宅会社が個人マネーを取り込む動きが目立つようだ。

賃貸アパート開発、土地所有者にアパート建設を働きかけている。

投資用ワンルームマンション事業にも乗り出しはじめた。

投資利回りは平均年3.3%程度で、相続税対策にもオススメ出来る。



▲ このページの先頭へ